edit

夜のせんせい #05

『女になった父、親子の絆と事件の結末』
性同一性障害で離婚し女性になった仙波さん。
そんな彼女には息子がいた。
女性になり、自分になれたことで息子に一目会いたいと思うようになった。

そんな中で辿り着いたのは落書き犯が仙波さんの息子だということだった。
ちょくちょく絡んできていた、というかやたらしつこかった生徒は、
そういう関係があってだったんですね。

問い詰められて、互いに知らないふりを。
でも、友達と一緒に帰っている時に父親を笑われた彼は、
笑うな、とキレる。

時間が経って、ちゃんと向き合えるようになるといいですねぇ。

玲を殴ったのは父親。
お酒を飲むと手がつけられなくなる。
かえでは愛人の娘。
それぞれが抱えているもの。

でも、何で玲は犯人を上奈に伝えて、忘れた、なんて言ったんだろ。

次回、山田が真理を騙す?

夜野桜:観月ありさ
黒井華:蓮佛美沙子
上武俊介:田中圭
上奈瑠奈:大政絢
山田一郎:高橋一生
高倉富雄:織本順吉
橘かえで:新川優愛
大神玲:山本舞香
白崎桃:清水くるみ
宇垣隆将:太賀
若松公則:岡山天音
神戸優奈:滝裕可里
木村政代:江原由夏
砂川誠:光石研
武瀬貞夫:矢柴俊博
柳島武彦:中原丈雄
梶原治:大倉孝二
宗村真理:堀内敬子
外内耕介:笹野高史
大澤雄大:山本耕史

公式HP

#01 | #02 | #03 | #04

トラックバック

TB*URL

夜のせんせい 第5話

「女になった父、親子の絆と事件の結末」 内容 長期入院していた仙波(大杉漣)が、学校に帰って来た。 が。。。仙波は、女性になっていた。 性同一性障害の仙波。12年前に妻と離婚。 思い切って決断したと言う事だった。 さすがに驚かせるのではと桜(観月ありさ)...

夜のせんせい (第5話・2/14) 感想

TBSテレビ『夜のせんせい』(公式) 第5話『女になった父、親子の絆と事件の結末』の感想。 退院して登校した仙波(大杉漣)の変貌ぶりに級友たちは驚く。しかし、桜(観月ありさ)はそのことよりも、仙波が元サッカー選手だったことに注目。仙波が参戦すれば、球技大会のフットサルで優勝できると喜ぶ。ところが、仙波は12年前に離婚して息子と別れた際「二度とボールは蹴らない」と自分に誓っ...

夜のせんせい 第5話

長期入院していた仙波(大杉漣)が学校に復学して来ます。 しかし、登校した仙波は、女性の姿になっていました。 性同一性障害の仙波は、12年前に離婚して、一人息子を残して家を出たと言います。 仙波の姿にクラスメイトが驚いていましたが、桜(観月ありさ)の頭には、球技大会のフットサルのことしかなくて、仙波がサッカー経験者だということで、出場をさらっと頼んでいました。 あまりの...

酒乱の父親に殴られて(山本舞香)愛人の娘で(新川優愛)定時制高校の悪い副担任で(大政絢)地下アイドルで(清水くるみ)夜のせんせいで(観月ありさ)

さて・・・ようやく、金メダルの羽生結弦に似ていると評判の高橋一生のドラマである。 「軍師官兵衛」で井上九郎右衛門もやってるけどな。 ・・・そこかよっ。 ともかく・・・凄いメンバーを集めて・・・ここまで10.6%↘*7.3%→*7.3%↘*5.1%↗*5.2%である。 まあ・・・五輪だからねえ。 そう

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.