edit

ウィッチクラフトワークス #06

『多華宮君と愛の試練』
多華宮くんと火々里さんの関係が生徒会で問題に。
それをどうにかしろと命じられたのは生徒会の顧問である深影先生だった。
でも、先生にそんな権限はなかった。

多華宮くんは姫のことを先生から教えてもらうことに。
何故、火々里さんが姫と呼ばれるのか。
学校で選ばれた存在。
ルックスや成績、その他もろもろで選ばれ、
女性なら姫、男性なら王子となる。
そんな姫と王子は理事長に次ぐ権利を持つことになる。
その下には生徒会が入り、教師はさらにその下。
つまり、生徒会から命じられたとしても先生がどうこう言う権利はない。
姫のほうが上ですからね。

そういう問題が起こっていることを知った火々里さんはある計画を実行に移すことに。
が、深影先生がそこで動く。
発達した科学は魔法と見分けがつかない。
そんなことを言って魔法を披露。
先生は多華宮くんと二人きりで話せる場を作り出した。

そこで語られたのは封印のこと、かざねのこと。
封印は5つ。
その内の1つが外れてしまったことで次第に封印は解けていく。
それが理事長であり、この地区のトップであるかざねに知れたら彼女は敵になる。
何故今まで多華宮くんが自由に生活出来ていたのかは、
かざねあってのことだったから。
それだけの強さを彼女は持っている。
けど、それも5つの封印がされていることが前提。
それを止めるためには多華宮くんごと封印しなければいけない。
だから、気をつけるようにと。
それから、自分がその立場だったかもしれない、ということを。
俺の王子様になってみないか、と。

そんなこんなで火々里さんに助けられた多華宮くん。
先生を変態呼ばわりw

そして、計画を実行に移す。
姫の生殺与奪権で現生徒会長をクビに。
多華宮くんを新たな生徒会長に。
理事長を除いたピラミッドのトップを二人が掌握することに。
ちなみに、火々里さんは副会長に。
元副会長は副副会長という謎の役職に。
しかも、体操服を洗濯するというだけで譲るというねw

今回の一件がのちにちょっとした問題になったり。

多華宮くんは火々里さんの強引なやり方で生徒会長になったために、
生徒会役員たちに少しの間認めてほしい。
それで判断してもらえないか、と。

そんなことがあった帰り。
ぬいぐるみを買っていると霞に拉致されることに。
色々とぶっ飛んでますが、そんな霞の行動力に驚かされる火々里さんだった。
しかしまぁ、家が、ね^^;
そして、街がw
塔の魔女のしわざにされてましたねぇ。

でもって、火々里さんに連れ帰られる多華宮くんと霞。
霞の扱いがひどいw
まぁ、さんざんやらかしたから仕方がないけど^^;

しかしまぁ、小町さんすごいよね。
あれで仕事休んじゃうんだからw
多華宮くんが慣れたものってのも怖いわぁ^^;

朝にはドアノブを壊して多華宮くんの部屋に入る火々里さん。
そこに霞も乱入。
ていうか、火々里さんは自分で壊したし、
壊れてることにさして気にしない霞。
本当にどういうことよ^^;

次回、多華宮家にかざね襲来。
母、喜ぶw

多華宮仄:小林裕介
火々里綾火:瀬戸麻沙美
多華宮霞:茅野愛衣
多華宮小町:川澄綾子
クロノワールシュヴァルツ・シックス:釘宮理恵
倉石たんぽぽ:井澤詩織
ツインテール(宇津木環那):夏川椎菜
つるぺた(飾鈴):麻倉もも
でこ(桂虎徹):日岡なつみ
眼帯(目野輪冥):飯田友子
火々里かざね:大原さやか
鬼灯火苗:大地葉
氷尾凍子:阿澄佳奈
あい:又吉愛
まい:白石真梨
みい:黒田友佳
メデューサ:沢城みゆき
エヴァーミリオン:能登麻美子
ウィークエンド:平野綾

トラックバック

TB*URL

「ウィッチクラフトワークス」第6話

妹パワー… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402100000/ ウィッチクラフトワークス 4価格:580円(税込、送料別)

ウィッチクラフトワークス 第6話 感想 - 仄が綾火を見る目線は、幼い子が母を見る目線?

ウィッチクラフトワークス 第6話 「多華宮君と愛の試練」の感想です。 仄は綾火をどうとらえているのか。 普通の恋愛ものと違い、ウィッチクラフトワークスにおける仄と綾火の関係性はいっぷう変わっていますね。 今回は情報を整理しつつ、仄が綾火を見る目線をちょっとだけ考えてみました。

ウィッチクラフトワークス 第6話

ウィッチクラフトワークス 第6話 『多華宮君と愛の試練』 ≪あらすじ≫ 仄の中から現れた「白いアレ」ことエヴァーミリオンの魔力により、火々里邸は崩壊。そのため、仄と綾火は多華宮家で暮らしはじめる。一方、綾火と仄の関係は学内で引き続き問題視されており、生徒会の議題に上がるまでになっていた。特に学内の混乱を嫌う生徒会長は、顧問である深影を使って仄を引き離そうと画策する――。同じ頃、兄で...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.