edit

夜のせんせい #03

『いくつになっても人生はやり直せる?』
今回は漫画家のアシスタントをしている梶原。
元々は賞をもらってデビューしたものの、
鳴かず飛ばずであっさり連載は終了。
その後はアシスタントして働き続けていた。

デビューを目指して自分の作品を描き上げることに。
が、描き上げ雑誌掲載が決まったと思ったら叩き落とされる。
以前ボロカスに言われた編集者は今では倉庫番になっていたんだそうな。
なのに、何であんないい部屋に通せたのか、
ってのもあるし、何でパーティーに参加してたのかとね。

というわけで、掲載は白紙に。
でも、学校の出し物として描いたクラスメイトのイラストは好評となった。
そこにいたクラスメイトはみんな笑顔だった。

そんな一方で、梶原と同じように高校を中退した男。
上武は会社社長に。
定時制高校に通っていたのはブログのネタのため。
ただ、桜は何もまだ学んでいないからと辞めさせる気はなし。

リュックのことが自作自演だと聞かされた時に、
何で笑った後に上武は大澤を見たんだろ?

次回、不穏な影が動き始める。

夜野桜:観月ありさ
黒井華:蓮佛美沙子
上武俊介:田中圭
上奈瑠奈:大政絢
山田一郎:高橋一生
高倉富雄:織本順吉
橘かえで:新川優愛
大神玲:山本舞香
白崎桃:清水くるみ
宇垣隆将:太賀
若松公則:岡山天音
神戸優奈:滝裕可里
木村政代:江原由夏
砂川誠:光石研
武瀬貞夫:矢柴俊博
柳島武彦:中原丈雄
梶原治:大倉孝二
宗村真理:堀内敬子
外内耕介:笹野高史
大澤雄大:山本耕史

公式HP

#01 | #02

トラックバック

TB*URL

夜のせんせい 第3話

「いくつになっても人生はやり直せる?」 内容 昼間部との合同文化発表会で、 梶原治(大倉孝二)の絵を出展することを決めた桜(観月ありさ) そんななかIT系の大会社“リーム”の社長のブログに、 定時制の様子が載っていることが判明する。 年齢を考え、上武俊介(...

夜のせんせい 第3話

桜(観月ありさ)が勤める定時制高校の生徒・梶原(大倉孝二)は、年下の漫画家のアシスタントをしています。 梶原は、かつて少年漫画誌で史上最年少で漫画大賞をもらった実績がありました。 高校を中退して華々しくデビューしましたが、デビュー作の人気は続かずに、あっという間に打ち切りになってしまったようですね。 梶原は再デビューを目指して、アシスタントをしながら食いつないでいる状態です...

夜のせんせい (第3話・1/31) 感想

TBSテレビ『夜のせんせい』(公式) 第3話『いくつになっても人生はやり直せる?』の感想。 桜(観月ありさ)のクラスを話題にしたIT社長の人気ブログは、上武(田中圭)がアップしていると分かる。通学はネタ探しのためだと言い切る上武に、桜は憤慨する。一方、梶原(大倉孝二)は、アシスタントで食いつなぎながら、漫画家として再デビューを狙っていた。桜は上武の人脈を利用してコネをつく...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.