edit

福家警部補の挨拶 #03

『シュールな死体…!?凶器は偽物か本物か』
自分が作り出したものへの愛情。
本物以上の贋作。
自分が作り出したものが本物なんだ、という愛情。
でも、それが世に出回れば仕事が続けられなくなる。

それを防ぐための犯行。

本物で殴ったんじゃ?と殴った時に思ったわけで、
ただ、間違えて本物を使ってしまった。
と思ったんですが、そうじゃなかったんですね。
自分が作った贋作を壊すことは出来なかったんですね。

証拠は染料。
サンプルの特別品。
指示通りに色を塗っていれば証拠は残らなかった。

はっきりと狙いを定めたのは綿棒ってことでいいのんかね?
折ってあった1本の綿棒。
誰があんなところに気付くのかと^^;

フィギュアの足の形だけで本当にどんなものかってわかるものなんですかね。
すごいな^^;

次回、酒造会社社長。

福家警部補:檀れい
石松警部:稲垣吾郎
二岡鑑識係:柄本時生
田所警部補:中本賢

公式HP

#01 | #02

トラックバック

TB*URL

福家警部補の挨拶 第3話

『プロジェクトブルー』 「シュールな死体…!?凶器は偽物か本物か」 内容 フィギュア造形作家・新井信弘(北村有起哉)は、 新発売のフィギュア造形に忙しくしていた。 そんなある夜のこと、 呼び出しを受けていた同業者の西村浩(片桐仁)のもとへ向かう。 西村がと...

福家警部補の挨拶 第3話★石松警部(稲垣吾郎)の存在意義は?

福家警部補の挨拶 第3話 「プロジェクトブルー」 フィギュア造型家の新井(北村有起哉)がフリーの造型家、西村(片桐仁)を殺害した事件。 自殺に見せかけるつもりだったのに、反撃されて咄嗟に『ミリバール』というロボットフィギュアで西村を殴り殺しちゃった・・・。 あの瞬間に本物と偽物を見分けて本物で殴れるものなのかなぁ?? −◆− イマイチ面白くないので、ストーリーを追うの...

福家警部補の挨拶 (第3話・1/28) 感想

フジテレビ『福家警部補の挨拶』(公式) 第3話『プロジェクトブルー』『(ラテ欄)シュールな死体…!?凶器は偽物か本物か』の感想。 なお、大倉崇裕氏による原作小説は未読、NHK版ドラマ(2009年)も未見。 人気フィギュア造形作家の新井(北村有起哉)は、同業者の西村(片桐仁)を殺害する。新井は以前、希少なロボットフィギュア「ミリバール」の偽物を作って売りさばいており、それ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.