edit

ウィッチクラフトワークス #03

『多華宮君とクロノワールの罠』
多華宮くんの修行開始。
修行の一環として勉強を始めるもさっそくわからない。
体育の授業ではテニスのダブルスを組むも足を引っ張るばかり。
そのたびに火々里さんのマンツーマンレッスンが始まるために、
多華宮くんへの殺意が膨れ上がっていく。
火々里さんの距離感が近いというのもありますけども。

そんな放課後。
本当はそこからが本番だったわけですが周りの殺意にぐったりしていたために、
放課後の修行は中止。
が、その帰宅時間にクロノワールに襲われることとなる。

色々とクロノワールが自身の魔法について説明してましたが、
その辺は単行本のカバーを外した所に書いてあります。
さすがに書きませんが^^;

というわけで、そんなクロノワールから二人の繋がりの秘密なんかも語られたりしましたね。
ダメージ転移と力の増幅。
そういう契約が二人の間で交わされている。
多華宮くんが刺されたことで火々里さんが怪我を負うわけですが、
その状況でも多華宮くんを守るために動く火々里さん。

クロノワールから力を解放させるためのものを食べさせられそうになるわけですが阻止した。
火々里さんは自分でなくなるから、と多華宮くんに目を閉じてもらって。

そして、翌日は魔法の修行。
まずはローブの説明。
あまりの天然っぷりに呆れる火々里さん。
その次はローブに収納されている箒。

火々里さんに抱かれて空を飛ぶ。

その途中で見つけたカツアゲの現場。
工房の魔女が見回りをしていると話を聞いたのになぜか助けに行かない火々里さんに、
多華宮くんはだったら自分がいく、と箒を土壇場で出してなんとか空を飛んだ。

魔女とのいざこざを止めるためであって一般人には関わっちゃいけない。
そういう決まりなわけですが。
多華宮くんは勢いのままにカツアゲ現場に突撃。
その結果、ローブの効果がなくなって認識されてしまう。

そして、火々里さん暴走w

あれは塔の魔女だったのよ、と。
一般人だったからね^^;

そんなこんなで二人が助けた女の子・佳子は多華宮くんの妹の霞の親友だったわけで。
次回は霞の出番ですねぇ。

しかしまぁ、本当に男女の立場が逆の二人だよなぁw
眠ってしまって肩に寄りかかるとか特にね^^;

多華宮仄:小林裕介
火々里綾火:瀬戸麻沙美
多華宮霞:茅野愛衣
多華宮小町:川澄綾子
クロノワールシュヴァルツ・シックス:釘宮理恵
倉石たんぽぽ:井澤詩織
ツインテール(宇津木環那):夏川椎菜
つるぺた(飾鈴):麻倉もも
でこ(桂虎徹):日岡なつみ
眼帯(目野輪冥):飯田友子
火々里かざね:大原さやか
鬼灯火苗:大地葉
氷尾凍子:阿澄佳奈
あい:又吉愛
まい:白石真梨
みい:黒田友佳
ウィークエンド:平野綾

トラックバック

TB*URL

「ウィッチクラフトワークス」第3話

魔法のレッスン… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201401200000/ 【送料無料】ウィッチクラフトワークス(2) [ 水薙竜 ]価格:580円(税込、送料込)

ウィッチクラフトワークス 第3話

ウィッチクラフトワークス 第3話 『多華宮君とクロノワールの罠』 ≪あらすじ≫ 仄が綾火へと弟子入りしたことで、これまで以上に行動を共にするようになったふたり。「姫様」を独占する仄には周囲から刺すような視線が注がれるが、それも修行と仄は耐え忍ぶ。その日の下校途中、ふたりの前に鰐紳士を連れた幼女が現れる。彼女は、クロノワール・シュバルツ・シックスと名乗る『塔の魔女』だった。彼女にいき...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.