edit

荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE

結局、村長って何者?^^;

30日の深夜に放送されたものを録画しておきました。

というわけで、実写版の「荒川アンダー ザ ブリッジ」の劇場版。
前半はテレビドラマの裏で行われていたことを明かしながらのおさらい、
という感じでしたね。
ドラマを見たのがずいぶん前ですので助かりはしたけども、
もうちょっと短くてもよかったと思うなぁ。

荒川工事を前にしてリクがどう動くのか。
その中で知ったのは自分の母親のこと。
そして、ニノとのケンカ。

お金では買えない大切なモノを荒川で作ったリクは大きな存在である父との対立を選んだ。

国土交通大臣はお父さんの古い知り合いだったんですね。
その彼からお母さんの話を聞くことになるわけですが、
何故ニノとそっくりな女性、というのは何か意味があったのだろうか?
2-3っていうのはリクの小学校の時のクラスみたいですが、
何がどうつながってるのかね?

ニノの言葉を信じていなかったリク。
村長から酸素ボンベを渡された知ったのはニノの言っていたことは全て真実だったということ。
それを知ったリクは改めて借りを返させてほしいと頼む。
恋を経験させたい。
自分のことを信じていなかった男に恋をしてるはずがない、と。

でまぁ、そんなこんなで父親との直接対決となったわけですが、
色々と試してたみたいではあるようですね。
自分のようにはならずに成長してくれたことは寂しくもあり、
嬉しくもあったようですね。

しかしまぁ、本当に村長って何者よ。
裏で色々と動いていたようですけど、高屋敷さんはよく知ってるような感じだったし。
あれだけ人を動かしたり、総理大臣についても話していたりって。
見た目ほど若くないのかね?

最後はニノの旅立ち。
望遠鏡の時の言葉にはそういう意味があったのな。

さてはて、この物語っていうのは原作通りだったの?
その辺はわかりませんが、楽しめました。
前半はおさらいという感じだったので少し物足りなくも感じましたが、
ニノとのこと、父親とのこととリクの成長していく姿が素敵でしたし、
村長の謎さ加減だったりと荒川の人たちの楽しそうな感じがよかったです。

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.