edit

ストライク・ザ・ブラッド #12

『天使炎上篇IV』
夏音に貫かれた傷だけが治らない。
そこには雪菜たちでは触れられない刃が刺さり続けている。
それをギリギリのところで命を失わずにすんでいるのは、
眷獣の中に天使の力を無効化出来るものがいるのだろう、と。

というわけで、ラ・フォリアがそれを呼び覚ますために動く。
意識を失っていても血を吸うだろうから、ということで服を脱ぎ出す。
そんな姿に雪菜は自分がします、と。

そんなこんなで意識を失っていたためか古城は激しく血を求めて
雪菜に噛み付いた。
傷は癒え、意識を取り戻した古城。
押し倒してたらなんじゃこれ、ってなるわな^^;

ただ、眷獣は目覚めない。
その理由に大体の見当をつけたラ・フォリアは自分の血も吸わせた。
結局、そうなるのなら雪菜が理由をつけて古城に血を吸わせたのって^^;

そんなこんなで氷の柱から出た3人。
夏音は賢生の妹の娘だったのな。
よくもまぁ、そんな子に実験なんて出来たな。
しかも、自分の都合でそれは道具として使ってないとか。
夏音の気持ちを一切考えずにしてる時点で道具だろうて。

でもって、バスラーたちには当然ながら裏切られてたみたいですね。
雪菜とラ・フォリアが二人の相手をし、古城が目を覚ました夏音の相手を。

擬似聖剣?ってのをラ・フォリアは使った?
あっけなく二人ともやられてたわけですが、
バスラーを斬ったのに傷がなさそうなのはどういうことだったんだろ?

そんなこんなで古城は新たな眷獣を呼び出した。
双頭の龍。
だから二人の血が必要だったんだそうな。

というわけで、その龍が次元を違えることとなっているものを食らって、
同じ次元に。
そうなってしまえばこっちのもの、ということで雪菜が最後に天使の力を発動させているものを破壊。

無事救えてよかったねぇ。

別れの時にはラ・フォリアにキスされる古城。
それをばっちり見ていた人が多すぎるw
雪菜と紗矢華だけかと思ったら、浅葱に凪沙と^^;
浅葱に関してはキスの理由を聞こうとしたわけですが、
それが余計に火に油を注ぐような状況に。
アホでしょ、古城w
で、凪沙は状況を楽しみすぎだな^^;

夏音の後見人は那月がすることとなったようで、
ラ・フォリアとしては少しさみしかったらしい。
ていうか、那月がってアスタルテと同じようにメイド服着せるつもりなんじゃ?^^;

次回は総集編みたいですね。
普通に話を進めるか、今年最後にすればよかったのに。

暁古城:細谷佳正
姫柊雪菜:種田梨沙
藍羽浅葱:瀬戸麻沙美
暁凪沙:日高里菜
矢瀬基樹:逢坂良太
南宮那月:金元寿子
アスタルテ:井口裕香
叶瀬夏音:伊藤かな恵
ディミトリエ・ヴァトラー:小野友樹
煌坂紗矢華:葉山いくみ
ラ・フォリア・リハヴァイン:大西沙織
叶瀬賢生:青山穣
ベアトリス・バスラー:新井里美
ロウ・キリシマ:早志勇紀
クリストフ・ガルドシュ:津田英三
アヴローラ:石原夏織
オイスタッハ:三宅健太

トラックバック

TB*URL

ストライク・ザ・ブラッド 第12話

ストライク・ザ・ブラッド 第12話 『天使炎上篇IV』 ≪あらすじ≫ 凪沙の友人・叶瀬夏音(かなせ・かのん)を疑似的に天使にしようという野望を阻止するべく立ちあがった古城だったが、不死身のはずが夏音の一撃を受けてこん睡状態になってしまう。 そんな古城を救うべくラ・フォリアは「彼の中の眷獣を新たに目覚めさせるべき」として古城に性的興奮を与えて吸血させようとする。さすがにその姿を...

ストライク・ザ・ブラッド 第12話「天使炎上篇 4」

アルディギア現国王の過保護な親馬鹿っぷりを示す 「父がわたくしを誰にも嫁がせないと言い張るせいで――」 「うちの娘に手を出す不埒者がいれば、騎士団と軍の総力をもって叩き潰すと。その覚悟があるならかかってこいや、と父は申しておりました」 「一切の血族同胞を持たない、たった一人の“夜の帝国(ドミニオン)”の領主――あなたなら、わたくしの父とも渡り合えるかもしれませんね」 がカットされたのは残念で...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad