edit

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 #12 最終回

『勇者になれなかった俺は就職を決意しました。』
山頂に辿り着く前にモンスターたちによって墜落させられてしまう。
そこからは自分たちの足で。

そんなラウルにロアから渡された剣。
店長のお兄さんが使っていたもの、ということですが。
見た目がまさしく勇者の剣って感じなのですが、
お兄さんも勇者を目指してたってことですよね?
妹のセアラがあれほどの力を持っているということは、
この人が魔王を倒した勇者とかだったりすんのか?
そういうわけではないのかね?

ていうか、アイリはさらっとラムの剣をパクるなよ^^;
すごくしっくりきてたようではあるけども。

そんな二人に送り出されてラウルはフィノの前に。
勇者としてではなくレオンの従業員として。
剣と剣が交わる中でラウルは従業員としての基本をフィノに叫び続ける。
それが心を揺さぶりフィノは正気を取り戻した。
本当に店員さんだねぇw

でも、扉が開き始めてフィノの正気が再び失う。
ラウルは必死に扉を閉めようとするが、そこにフィノがラウルを殺そうとやってくる。
そんなフィノに対してラウルが見せたのは拉致される前にフィノがとった注文書だった。
初めてとった注文。
大事なお客さんが待ってるんだぞ、と。

ブラッドストーンは砕け散りフィノは完全に自分を取り戻した。

本当にすごいねw
注文書で自分を取り戻すとは^^;

というわけで一件落着。

店長さんはしっかりとレイドに請求書を渡すのな。
自分でぶつけて壊したんじゃないのか^^;
しかも、あっさりと引き受けるってどういうこと?w

レオンに残った副店長とノヴァは防災グッズを買いに来た人たちでごった返すお店を
二人で乗り切ったみたいですね。

打ち上げなんかもしたりして新しい一日が始まる。

フィノが初めて注文をとったお客さんは本当に赤い商品だったのなw
でまぁ、注文もとれたし一人前だと言われて大喜びのフィノ。
そんなフィノがさらに喜ぶこととなったのは、
フィノに初めての後輩が出来た。

ラウルが誘っていた通りにアイリがレオンへ。
裏のことを知ってしまったことでいられなくなった、ということもあるようですが、
レオンでの方が楽しく仕事出来るよね。
しぶしぶ、とは言ってましたが、ラウルのそばにもいれますしねぇ。

この後どうなっていくのかちょっと気になりましたねぇ。
アマダがどうするのか、とかってのもありますし、
レイドがあれで諦めるとも思えないし。

最後まで楽しめました。

ラウル・チェイサー:河本啓佑
フィノ・ブラッドストーン:田所あずさ
セアラ・オーガスト:島形麻衣奈
バイザー・クロスロード:川原慶久
ノヴァ・ルミナス:曽和まどか
ロア・ベリフェラル:宝木久美
エルザ・クルーシアル:新田恵海
ラムディミア・ド・アクセィメモール:山田奈都美
アイリ・オルティネート:岩崎可苗

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.