edit

境界の彼方 #09

『銀竹』
泉と藤真の戦い。
協会を使って色々と研究していたらしく一筋縄ではいかない。

そして、目を覚ました秋人。
でも、それは人ではなかった。
妖夢として目を覚ました。
そばにいた愛は気を失い、そこに未来が駆けつける。

愛を彩華に預けた時に二人は目で何を語っていたんだろう?

藤真に逃げられた泉が秋人を止めるためにやってきたが、
秋人も逃げてしまう。

人としての部分も弱っている。
その中で妖夢としての部分の方が上回って表面化した。
じゃあ、どうしてそんなことになったのか。

そんな中で泉が未来に告げたのは秋人を殺せ、ということだった。
このまま凪が終わって元の世界に戻れば秋人は妖夢として生きることとなってしまう。
そうなる前に。

しかしまぁ、秋人の部屋はアカンw
誰にも見られないと思って大切に保管してたのはわかる。
でも、あれはキモい^^;
ただ、未来の誕生日にプレゼントをと考えてたようですね。
眼鏡だけど^^;

こんなことになるなら出会わなければよかった。
そんな風に思いつめてしまう未来。
それでも、未来は秋人の前に。
殺すために。
最初から殺すつもりだった、っていうのはどういうこと?

泉が封印していた場所へ博臣が入る。
そこにある文献を調べて泉が何を考えているのかを知ろうとして。
でも、それを藤真に利用されてしまうこととなる。
そこに保管されていた虚ろな影の石を桜が使っていた武器で回収されてしまう。

泉が何を考えているのか、ってのは全てはわからないまでも、
未来を使って秋人を殺そうとしていた、ということは気づいたらしい。
そして、秋人がこうなった原因を作ったのが泉であることも。

その上で調べてたわけですが、
一部しか現れていないという境界の彼方。
では、他の部分はどこにあるのか。
それが秋人だった?
どういうことね。

藤真は何をしようとして動いているのか。
泉は名瀬家を失墜させないために動いているようですが、
そのために秋人を何故犠牲にしなければいけなかったのか。

色々と気になる部分が残るままに、次回では秋人の死から二週間が経つ。
未来は妖夢となった秋人に今まで自分に接していた秋人を重ねてましたが、
それでも殺すことを選んだ。
未来は大丈夫なんだろうかねぇ。

栗山未来:種田梨沙
神原秋人:KENN
名瀬美月:茅原実里
名瀬博臣:鈴木達央
新堂愛:山岡ゆり
新堂彩華:進藤尚美
二ノ宮雫:渡辺明乃
伊波桜:豊田萌絵
藤真弥勒:松風雅也
名瀬泉:川澄綾子

トラックバック

TB*URL

境界の彼方 #9「銀竹」

境界の彼方の第9話を見ました。 #9 銀竹 未来が写真館へと急ぐと、凪の影響を受けた秋人が妖夢として目を覚ましており、未来や美月、博臣は秋人のことを心配しながらも、不安を感じていた。 「どうして秋人が妖夢化を?」 「先輩が倒れた時、彩華さんが言っていました。人間の部分が極端に弱ってるって。多分、凪で弱ってる妖夢の部分よりも人間の部分がさらに弱くなったせいで」 「結果...

「境界の彼方」第9話

秋人の中に、境界の彼方が… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311280001/ 【送料無料】別冊spoon.(vol.43)価格:1,290円(税込、送料込)

アニメ「境界の彼方」 第9話 銀竹

境界の彼方 (1) [Blu-ray](2014/01/08)種田梨沙、KENN 他商品詳細を見る 最初から、それが目的だったんだな。 「境界の彼方」第9話の感想です。 彼を殺すこと。 (物語をなぞりつつ、感想など) 秋人と未来。 の戦いが始まってしまいました。最初から殺すことが目的であったと未来は語りますが。 博臣の言うように、泉によって誘導されたことだったのでしょうか、...

境界の彼方 第9話

「銀竹」 栗山さん、秋人くんを発見次第 殺しなさい…

境界の彼方 #9

境界の彼方とは何なのかが、明らかになってくるお話でした。眠っていた秋人は、妖夢として覚醒してしまいました。凪の影響で妖夢の部分が弱っていた秋人ですが、それ以上に

境界の彼方 第9話「銀竹」

妖夢となってしまった秋人 泉から未来に言われた残酷な指令。 境界の彼方の本体こそが、秋人の妖夢部分の正体だった…。 衝撃の展開です(^^;  未来が写真館へと急ぐと、そこには凪の影響を受けた秋人がいた。 未来や美月、そして博臣は秋人のことを心配しながらも、不安を感じていた。 そして泉は未来に、冷酷な言葉を投げかけるのだった。  

境界の彼方 第09話 感想

 境界の彼方  第09話 『銀竹』 感想  次のページへ

境界の彼方 第9話

彩華(CV:進藤尚美)と藤真(CV:松風雅也)が対峙しているところに、泉(CV:川澄綾子)が現れて藤真とやり合います。 一方、意識のない秋人(CV:KENN)は、どんどん妖夢化して行って・・・ 凪が来ていて妖夢の力は弱まっているはずなのに、どうして? 一緒にいた愛ちゃん(CV:山岡ゆり)は・・・ 心配になった未来(CV:種田梨沙)が駆け付けた時には、秋人は妖夢化してい...

境界の彼方 第9話「銀竹」

境界の彼方 (1) [Blu-ray](2014/01/08)種田梨沙、KENN 他商品詳細を見る  秋人が妖夢化しました。そこから物語が急展開していきます。異界士の技術で何とかなるだろう。暢気に考えていましたが、それでは済まないようですね。明かされた設定が告げてきます。凪が終われば、秋人が妖夢になってしまう。人である部分が、妖夢の部分に喰われてしまうようで。泉も未来に教えながらも、何かを...

境界の彼方 第9話「銀竹」

「私、本当に呪われてるのかもしれません」 こんな事になるなら知らなければ良かった――― 未来に秋人を殺せとする泉に疑いを持った博臣が目にした衝撃の事実    【第9話 あらすじ】 未来が写真館へと急ぐと、そこには凪の影響を受けた秋人がいた。未来や美月、そして博臣は秋人のことを心配しながらも、不安を感じていた。そして泉は未来に、冷酷な言葉を投げかけるのだった。 倒れた秋人が...

境界の彼方 第9話「銀竹」

第9話「銀竹」 凪は妖夢の力を弱らせるはず・・・ しかし倒れた時から人間の部分も極端に弱っていた秋人。妖夢の部分よりも人の部分が弱ってしまったために、妖夢の力が前面に出てきてしまった。 彩華さんの店に着いた未来が見たのは目覚めた秋人と倒れる愛ちゃん。 秋人の妖夢の力に中てられしまったんでしょうか? (アッキーは眼鏡フェチだからノーメガネの愛ちゃんには手は出さない!はず...

それは流れる血の故たるか【アニメ 境界の彼方 #9】

境界の彼方 (1) [Blu-ray](2014/01/08)種田梨沙、KENN 他商品詳細を見る アニメ 境界の彼方 第9話 銀竹 翻弄される それは果たして彼女が背負う呪いなのか―

境界の彼方 第9話 「銀竹」

境界の彼方 第9話 「銀竹」です。 「知らなきゃ良かった---」 うちのブログは

いずれ話します/境界の彼方9話他2013/11/28感想

<記事内アンカー> 境界の彼方 #9「銀竹」 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 第8話「①俺の居候がこんなに賢いはずがない!?②俺の一物がこんなに凄いはずがない!?」  来週木金は出張になるため、すみませんが画像1枚の簡略感想で土曜に遅延する見込みです。再来週は引っ越しでこれまた簡素な更新になる予定ですし、金曜感想が不遇なシーズンになってしまいますね(´・...

境界の彼方 第9話 「銀竹」 感想

戦いは泉おねいさまに引き継がれました。 槍をぶんまわしてこの作品の中では一番強いんじゃないでしょうかね? 藤真の攻撃もすごかった。 彼は多分、まだ本気を出していない。 境界の彼方 (1) [Blu-ray](2014/01/08)種田梨沙、KENN 他商品詳細を見る

アニメ「境界の彼方」 第9話 あらすじ感...

妖夢と異界士-----------!!駆け付けた未来が見た秋人は・・・。猫の姿で倒れていた愛。そこへ藤真との戦いから抜け出した彩華が駆け付ける。未来の手に抱かれていた愛を受け取り、見...

境界の彼方 第9話 「銀竹」 感想

泣斬馬謖―

境界の彼方 第9話「銀竹」

 「銀竹」は、「つらら」を表す言葉、だそうです。  作中でどの部分が「つらら」に当たるのか、明示はされませんが…色々と思いを巡らせられる幅はちゃんとありますね。例えば、「氷のように冷たい」「鋭角に尖った」なんて辺りは、藤真や泉の抱く悪意に通ずるものがありますし。この二人の描写については、前回のレビューでも触れたんですが…更にそのベクトルが突き抜けてきていて、い~い感じの悪役加減をバンバ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad