edit

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している #06

『トラトラトラ!/ぶたぶたぶた!』
好きだと素直に言うことが出来る謳歌たち。
ふらのは彼女たちを思い出し、つぶやく。
いいなぁ。。。
羨ましい、というよりは素直になれない自分が悔しい、という感じなのかな。

そんなふらのの気持ちを知らない奏が次に向かったのは小凪だった。
残ってる中で一番言ってくれそうと考えて。

色々と事情を上手く話して好きと言ってもらおうとする。
小凪は嫌いじゃないよ、ということで、
好きか嫌いかで答えてもらおうしたところで、
親衛隊に邪魔されてしまう。

でも、それがいい方向に。
リンチされても相手をかばうそんな優しさが男と女としてじゃなく、
人としてだけど好きだよ、と。

というわけで無事クリア。

次は絢女。
いやいやいや、絢女は絶対にお断り5の方だろw
ファンらしいけど、男を椅子に。
意味がわからない^^;

土下座してくれるなら言ってもいいわよ、とのことで、
プライドもくそもなく土下座した奏。
でも、絢女は約束を守らなかった。

そこで選択肢が。

シリコンが入っている、と脅しをかける。
という選択肢。
なわけないだろ、と思った奏だったが、
シリ、という言葉に絢女は焦りだすこととなる。

胸、本当にニセモノかよw
何でそこまでして^^;

ツンツンしてるキャラは好きな人がそういう方が好きだから、ということらしい。

とりあえずまぁ、胸のことを秘密にする条件で好きと言ってもらうことが出来た。
しかし、暴走気味な子でしたね。

ふらのが好きなシロブタくん。
そのきぐるみに入る奏。
ショコラがいいアドバイスをして謳歌がさらに効果的な方法を思いついた結果だった。
そのさいに、謳歌は匂いから奏が求めてるものを察していた。

そんなこんなできぐるみを着て街を練り歩いているとふらのと遭遇。
やりにくい、と思いながらもシロブタくん相手にふらのは素直に自分の気持ちを吐き出していく。

高校デビューに大失敗したんですね^^;
で、今さら本当の自分を出して離れていかれるのも怖い。
謳歌はもう友達だと思ってるから絶対大丈夫だと思うけどね。

それから、奏についても。
自分に話しかけ続けてくれた。
なのに、色々と言ってしまって、と。

そんなふらのを励ました奏にふらのは抱きつく。
そして、好き、と。

そこで選択肢が出る。

きぐるみから出るか、
記憶の消去か。
記憶の消去にはついでに奏の大切なフォルダの消去も。

でも、奏はほんの少し迷いはしたものの、
記憶の消去を選んだ。
ふらのにとって聞かれたくなかったこと。
だから、聞かなかったことにしよう、と。

そういう優しさがいいところなんでしょうね。
しかしまぁ、どうあってもふらのの本当の姿は覚えられないんですね^^;
一体どのタイミングで奏が本当に知ることになるんでしょうかね。

さてはて、残ってる人が問題なわけでどうするんでしょうかね。

甘草奏:豊永利行
ショコラ:佐土原かおり
雪平ふらの:近藤唯
遊王子謳歌:辻あゆみ
柔風小凪:味里
箱庭ゆらぎ:大空直美
黒白院清羅:五十嵐裕美
麗華堂絢女:松嵜麗
道楽宴:矢島晶子
ナレーション:中田譲治

トラックバック

TB*URL

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 第6話「トラトラトラ!/ぶたぶたぶた!」

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔しているの第6話を見ました。 第6話 トラトラトラ!/ぶたぶたぶた! 対抗戦に出場する女子全員から“好き”だと言わせるという、困難なミッションを与えられた奏は“LIKE”の“好き”でもクリア条件となることから、謳歌とゆらぎは難なくクリアし、小凪にも親衛隊に邪魔されるものの、人として好きだと言ってもらえる。 ふらの、清羅、絢女の3...

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している(のうコメ) 第6話「トラトラトラ!/ぶたぶたぶた!」

雪平の可愛い素顔が分かる第6話です。 マスコットキャラの『しろぶたくん』くんには、素直に好きって言う雪平が可愛かったです。 まさに、ブッヒーですね(笑) 対抗戦に出場する女子全員から『好き』だと言わせるという、困難なミッションを与えられた奏。 謳歌とゆらぎは難なくクリアするも、残るは、ふらの、清羅、小凪、絢女の超難関の4人。 そんな中、奏は絢女の巨乳に関するとんでもない...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.