edit

キルラキル KILL la KILL #04

『とても不幸な朝が来た』
あの日が来た。
無星の人たちにとっては重要な日。
ノー遅刻デー。
なんじゃそれw

そのために流子は鮮血を家に置いていくことになってしまう。
マコのお母さんが勝手に洗濯してしまったために。
ただ、アイロンは気持ちよかったみたいですね^^;
でまぁ、鮮血の声は流子以外には聞こえなかったのな。
ということは皐月の純潔がしゃべってなかったのも、
皐月だけにしか聞こえないからってことなんかな?

風紀部が仕掛けた罠をくぐり抜けて始業時間までに登校しなければいけない。
残された時間は3時間。
神衣なしで流子は挑む。

その途中でクラスメイトの麻衣子を助けることに。
3人でトラップをくぐり抜ける中で、マコの家族が神衣を届けに来てくれるわけだが。
そのたびに麻衣子が流子の下着を露わにする。
それを見た又郎たちはよそ見をして届けることが出来ない。

そうして、学校に辿り着いた思った流子たちだったが鮮血を手にした麻衣子が本性をあらわす。
麻衣子は風紀部のトラップ開発部長だった。
学園の頂点に立つために神衣を手に入れようとした。

で、麻衣子に着れるわけがないと思っていた流子だったが、
麻衣子も鮮血着れるのかw
恥を知らない女だったらしい^^;
が、鮮血の意志は鮮血の意志。
麻衣子の思い通りには動かないみたいですね。
そんなこんなで鮮血を取り返した流子だったが、
たどり着いたと思った学校は麻衣子の最後のトラップだった。
振り出しへ。
ということだったが、辿り着いた場所にあったのはセレブだけが使えるロープウェイに。
それでなんとか遅刻せずに登校。

麻衣子は皐月に取って代わろうとしていたことが筒抜けになっていて放校に。
放校ってのは退学とは違うんか?

今回は前回の熱い展開とは打って変わって終始笑える展開だったなぁw

次回はなんだろう?

纏流子:小清水亜美
鬼龍院皐月:柚木涼香
満艦飾マコ:洲崎綾
美木杉愛九郎:三木眞一郎
猿投山渦:檜山修之
犬牟田宝火:吉野裕行
蟇郡苛:稲田徹
蛇崩乃音:新谷真弓
鮮血:関俊彦
満艦飾又郎:藤村歩
満艦飾好代:福井裕佳梨
満艦飾薔薇蔵:堀内賢雄

トラックバック

TB*URL

キルラキル 第4話「とても不幸な朝が来た」

遅刻したら即退学のノー遅刻デー。 超高校級な命がけの登校が始まる!? 超ハイテンションギャグ & 作画崩し回(笑) このスタッフはこんなの大好きですねw  

キルラキル 第4話 『とても不幸な朝が来た』 バスが蜂の巣になるシーンは「ガントレット」のオマージュか。

クリント・イーストウッド主演。内容がダーティーハリーっぽいのにダーティーハリーじゃなくて、当時付き合っていた愛人のために作った映画(だと思っている)ガントレット。劇中では撃たれるがままだったと思うのですが、こちらはバスに搭載されていた機関銃でマコが反撃!!ブローニングM2っぽいけど水冷ジャケットが付いている。あとM2にしては発射速度がムチャクチャ速かったですね。 ノー遅刻デーって内容がムチャ...

キルラキル #4

今回は、流子が学校に登校するだけという、とんでもないお話でした。(^^;その日、流子は鮮血が切り裂かれる夢を見て目が覚めました。何かと思えば、マコのお母さんが鮮血を

キルラキル 第4話「とても不幸な朝が来た」

今話は内容的には箸休め的な軽いギャグ回で作画も前3話に比べると簡素化された感じで・・・となれば普通は中身が手抜きっぽくなって視聴する側もスカスカなものを適当にながら見気分で・・・のはずなんですが、なんなんですかコレ?www ストーリーもぶっちゃけてしまえば抜き打ちの遅刻者取り締まり+一生徒による下克上狙いというだけで、作画もいつにも増して昭和っぽくて動きもそれほどではないのに、ここまで展開を...

キルラキル KILL la KILL 第4話 「とても不幸な朝が来た」 感想

笑いは力なり―

キルラキル 第四話「とても不幸な朝が来た」簡略感想

予告の時からカオスだったけどさ・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.