edit

DEAR BOYS ACT3 14巻

DEAR BOYS ACT3(14)/八神ひろき(著)表紙は大黒柱の土橋。
中のカラーイラストは文庫本のACT IIの表紙を
まとめたものみたいですね。

センターとしてみんなを支えるために剣に背を向けず戦う。
それが他にノーマークを作っていき、最後は藤原のスリー。
そんな藤原は沢登からのチャージングをとったりも。
そのチャージングに沢登は心が揺らぐ。
チャージングをとられたことではなく、その時の哀川のガッツポーズに。

盛り返してきた瑞穂だったが、三浦の足はとうに限界を迎えていた。
それでも三浦はベンチに戻ろうとしなかった。
率先してディフェンスを。
そして、そんな気持ちに応えるように藤原は三浦と石井に次の攻撃を託す。
二人のアリウープを。
防がれても何度でも。
そうして、ようやく三浦の手から放たれたボールはリングに全く届いていなかった。
でも、石井はそれを落としてなるものかと必死に手を伸ばし、
掴んだボールをそのまま叩き込んだ。

そんな瑞穂のプレイに観客たちも瑞穂への応援をするように。
でも、そんな盛り上がりムードに冷水を注ぐのは鎌倉のスリー。
ディフェンスをものともしないアーチを描くスリーが決まる。

そして、とうとう倒れてしまった三浦に代わって哀川が再びコートへ。

関連記事
DEAR BOYS ACT3 9巻
DEAR BOYS ACT3 10巻
DEAR BOYS ACT3 11巻
DEAR BOYS ACT3 12巻
DEAR BOYS ACT3 13巻


DEAR BOYS AC...

DEAR BOYS AC...
著者:八神ひろき
価格:450円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad