edit

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 #02

『魔王の娘さんが接客用語を覚えるようです。』
フィノが接客用語を覚えようと奮闘する。
そんな中で強盗がやってくるが、強盗というものを知らないがためにお客様として接客。
偶然ラウルがお昼休憩でノヴァは別のお客さんを接客中。
というわけで、一人でなんとかしようと頑張った。
お客として上手く出来てもいたし、強盗として上手くあしらってもいましたねw
ラウルが戻ってきたことでお客様じゃないと気付いていつもの態度に。
そして、協力して撃退。

そんな一方でラウルはかつての仲間と再会。
アイリから勇者を目指すことを諦めたのか、と。
さらに他の仲間とも食事をして、彼らは勇者になることを諦めていないと知る。
自分だけが就職している現状にお店で働いていていいのかと悩んだ。
自分も勇者を諦めきれていない。
でも、フィノが一生懸命接客を頑張っている姿を見て思った。
勇者になれなかった者と魔王になれなかった者が一緒に働く、
そんな世界もいいじゃないか、と。

出勤するとスタッフルームにフィノがいなかった。
そこへ店長が。
ここにいたのは数日だったね。
そんなことを言われ辞めたのかと思ったラウルだったが、
引っ越しただけだった。
そして、お隣さんだからよろしくね、と。
ラウルのアパートの隣の部屋に引っ越したみたいですね^^;

深夜の接客用語の練習でのフィノは可愛らしかったですねぇ。
で、マジックアイテムが暴走したのはフィノの魔力が強すぎるというのが原因だったみたいですね。
ブレーカーがついてるはずなのについていなかった、というのがあるようですが。

ラウルに就職したのか、と言っていたアイリですが、
コンビニで何か買ってたよね。
意を決するような感じで。
話の流れと漫画のほうで知ってるから、たぶんそういうことなんだろう。
というのはわかるけど、あってるよね?あれだよね?

ラウル・チェイサー:河本啓佑
フィノ・ブラッドストーン:田所あずさ
セアラ・オーガスト:島形麻衣奈
バイザー・クロスロード:川原慶久
ノヴァ・ルミナス:曽和まどか
ロア・ベリフェラル:宝木久美
エルザ・クルーシアル:新田恵海
ラムディミア・ド・アクセィメモール:山田奈都美
アイリ・オルティネート:岩崎可苗

トラックバック

TB*URL

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 第2話「魔王の娘さんが接客用語を覚えるようです。」

家電店に新しくアルバイトに入った、魔王の娘のフィノ。 なかなか接客用語が覚えられず苦戦中。そんなところに、仮面を被ったお客様が来て、フィノが対応することになるが…。 お客でなく、強盗だった!? 今回からOP&EDも付きました。 EDはなぜか水着祭り(笑)   

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 第2話 「魔王の娘さんが接客用語を覚えるようです。」 感想

このラッキースケベめ(つ∀-) この世界って電気の代わりに魔力なのか(´・ω・`) ―あらすじ― 「フハハハハ。よくぞ我がレジまでたどりついたな、お客様め!」 勇者試験を目の前にして魔王が倒され、勇者になれなかったラウルは、王都にある小さな電気店、マジックショップ・レオンに就職。 勇者から電気店店員となったラウルは忙しい毎日を送っていた。 そんなラウルの平凡な...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.