edit

神さまのいない日曜日 #07

『ゴーラ学園I』
ユリーが目を離した隙に連れ去られてしまったアイ。
入れられたのはゴーラ学園という学校の名をした強制収容所。

ただ、アイはユリーから一度学校へ行ってみないか、と言われていたため、
ゴーラ学園がその学校だと勘違い。
明らかにおかしな状況なのにそれが普通と受け入れてしまう。
アホか^^;

クラスメイトから話を聞いて、自分がいる場所がユリーの言っていた学校でないと知ると、
出て行こうとするわけですがそれは不可能だった。
それが強制収容所と呼ばれる理由。
そんなこんなでお風呂の時間になってみんなでお風呂に。
そこであっさりと自分の正体をばらすアイ。
だから、簡単に話しちゃいかんだろうて^^;

でも、それでクラスメイトの女の子たちは合点がいった。
この学園に集められているのは特別な力を持つ子供ばかり。
そういった子供を隔離する施設でもあった。

そんな話をしてるときに大爆発。
お風呂場に穴が出来る。
そこから顔を出したのはアリスだった。

大胆な覗きだなw

というわけでは、もちろんなくて。

学校は通っている生徒の数でお金をもらっている。
だから、減る一方の子供を集めている。
そして、集めた生徒は大人になっても出されることはないのだろう、と。

そんな中でアリスはそこから抜け出すために抜け道を作っていた。

彼のそばにいる幽霊。
ディー・エンジー・ストラトミットスが悪ふざけのためにアリスに火薬の量を偽った。
その結果が今回の大爆発。

女の子たちにも抜け道のことを伝えるべき、ということや、
アイの存在が大きかったらしい。

そして、彼女のことをアリスは魔女と呼ぶ。
ただし、キリコを作り出した魔女とは違うみたいですね。
色々な人に囁きかけて願いをかなえていた。
その人が知らないうちに。

アイがアリスと時計台で出会ったのも彼女が囁きかけたからだった。
それをアイは自分自身が気になって向かった、と思うほどに。

アリスはつい1週間ほど前に入れられたらしいけど、
何のために入れられたんだろう?
アイに興味を持ってるのは彼もいっしょなようですが。

さてはて、学園から抜け出そうとする彼らに何が待ち受けているのやら。

アイ:豊崎愛生
ハンプニーハンバード:浪川大輔
アルファ:佐藤利奈
スカー:能登麻美子
ユリー・サクマ・ドミートリエビッチ:藤原啓治
キリコ・ズブレスカ:柿原徹也
ウッラ・エウレウス・ヘクマティカ:小松未可子
アリス・カラー:内山昂輝
ディー・エンジー・ストラトミットス:喜多村英梨
ヨーキ:野島裕史
アンナ:渡辺明乃
ユート:丸山詠二
ヒコーツ:吉野裕行
ターニャ・スウェッジウッド:今井麻美
ヴォルラス・ファーレン:原紗友里
ミミータ・ゲーデンバーグ&メメポ・ゲーデンバーグ:加隈亜衣
ルン・サジタリウス:高橋未奈美

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.