edit

紳堂助教授の帝都怪異考 二 才媛篇/エドワード・スミス(著) 読了

紳堂助教授の帝都怪異考二 才媛篇/エドワード・スミス(著)結局、才媛って誰のことだったんだろう?
アキヲでええのかね?
新しい人が出てくるのかとばかり思ってた。
いやまぁ、新しい人は出てきてましたけどね。
才媛って感じではなかったような?

今回は4つの話で前回に比べると全体的に大人しい感じに。
魔道が関係ない話も。
というか、今回は魔道関係はあまり出てこず。

前回とは楽しむ方向性がちと違うかな?という感じですね。
でも、こっちはこっちで楽しめました。

関連記事
紳堂助教授の帝都怪異考/エドワード・スミス(著)
紳堂助教授の帝都怪異考/エドワード・スミス(著) 読了(ネタバレ注意)
紳堂助教授の帝都怪異考二 才媛篇/エドワード・スミス(著)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
最初の話はらしくない状態が続いていたアキヲを心配した紳堂が、
アキヲに美作の妹である春奈を紹介。
美作としてはアキヲも、娘のように思っている春奈もどっちも心配してたわけですが^^;
そんな心配は不要であり、春奈は紳堂から話を聞いていないにも関わらず、
アキヲが女の子であることに一目で気付く。

そんな春奈に面影を重ねていたりもしたわけですが、
徐々にそれは薄れて春奈自身を見て仲良くなっていく。

そんな中で二人は浚われてしまう。
さすがの美作も取り乱したが、二人の失態として紳堂とともに捜索を始める。
その時の助けとなったのが春奈が自作した香水だった。
最初に会ったときにアキヲがもらったものを、
恥ずかしさから帽子で拭ったその匂いが蝶々をひきつけた。

そのおかげで二人の居場所にたどり着き無事に救出。

体の弱かった春奈ももう少しすれば他の人と変わらないように外に出ることが出来るらしい。
で、限られた世界でこの探求心やらが爆発してるのに、
外の世界を知ったらどうなっちゃうのやらw
将来が楽しみですね。

しかしまぁ、本当に紳堂は人が悪いなぁ^^;
香水のことに気づいてたのな。
帽子で拭ったことが余計に恥ずかしいだろうねぇ。

二つ目は本当に茶番だなw
アホか、と^^;
それぞれは真剣だったんでしょうけどね。
しかしまぁ、町子が一番ちゃっかりしてるなぁ、とは思う。
彼女としては本当に隠居してほしかったでしょうしね。

三つ目はアキヲの叔母である時子との旅。
叔母といっても年齢は少し離れた姉ほどにしか離れおらず、
実際に二人の関係は姉妹に近い。
そんな彼女の紹介でアキヲは紳堂と出会うことになったらしい。
時子と紳堂の関係は元恋人。
今はどうしてそうじゃなくなったんだろうかね。
しかしまぁ、時子とアキヲの性格はあまり似てませんね。
天然、ということですけど、時子のあれはただの天然じゃない気が^^;
計算も出来る天然だと思うよ。
すごく性質が悪いと思う^^;

アキヲと紳堂のことは冷やかしながらもそれなりに気にかけてはいるみたいですね。
でも何で、紳堂にアキヲを紹介したんだろう?
気まぐれかね?

そんな三人が迷い込んだのは異界。
紳堂は以前迷い込んだことがあったみたいですね。
だから、安心してた、ってことねぇ。
ただまぁ、い続けるのはあまりよくはないようですが。
感覚としては一晩しかいなかったはずなのに1週間経ってたらしい。
それをあまり気にしない時子はすごいな^^;
彼女が迷い込んだ理由だったようですけど、
行きに話をしてたのに声が聞こえなかったのはどういうことなんだろ?

というわけで、あの異界の主人は梅の精とかそういうことだったんかな?

四つ目も時子からの話がきっかけ。
鵺が出た、という話でそれの調査へ。
時子は紳堂の紹介で新聞記者をしてるらしく、
彼女の書く記事はそれなりに人気があるらしい。
ただ、その辺はアキヲはあまりちゃんと知らないみたいですね。

というわけで、浅草を調査していた三人。

アキヲも疑問に思った部分はあるものの気のせいだろうと片付けた。
そんな中で出した結論は思い込み、だったり。

でも、本当に鵺は現れていた。
しかも、かなり巨大だったようで。
その相手はアキヲにも内緒で一人で対処。

猫が助けてくれたりもしてましたね。
あの猫はいたって普通なんかね?
警告してくれたりもしたわけですが。

で、鵺を育ててた人?は紳堂は逃がした。
正義ばかりになってはいけないから、という理由から。
加減が大事みたいですね。

アキヲにとってそのバランスがとれているのが紳堂。
紳堂のはアキヲに対するいたずらだけは多すぎるとは思うけど^^;

紳堂が一人で鵺の相手をしたことは1年後に教えられることに。
その頃もアキヲはまだ子供らしさを残してるみたいですね。
アキヲとしては大人になりたいという気持ちはあるのでしょうけど、
子供らしく膨れたりするところがまたいいところですね。

続巻のありそうなあとがきだったので3巻も楽しみにしたいですね。
ただ、もう少し派手目な感じの話を一つ入れてほしいかなぁ、とも思う。


サイドストーリー
「大正九年七月二七日法律第五号」
お金の話。
法改正でお金が切り替わるときにした紳堂の行動。
それを問題としてアキヲが謎解きを。
そして、お金というものがどういうものかを教わる。
短い話でしたけど、面白かった。

紳堂助教授の帝都怪異考(...

紳堂助教授の帝都怪異考(...
著者:エドワード・スミス
価格:641円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.