edit

ブラッドラッド #03

『持ってんじゃん』
ウルフのナワバリへとやってきたスタズ。
ムキムキの鳩さんがキモイw

ウルフにナワバリにあるという人体蘇生の書を探してほしいと頼むが、
さすがに友達でもそれは聞き入れられなかった。
ナワバリが広いゆえにということもあるが。

だったら、とスタズは勝負を持ちかけた。
それに勝ったら探してもらう。
もし負けたら冬実をやろう、と。

ウルフも冬実に一目惚れみたいですね^^;
ただし、籠の揺れでの乗り物酔いが限界に来ていた冬実は
タイミングが悪いことにウルフが顔を近づけた直後にもどしてしまう。
ウルフ、ドンマイw

そんなこんなで種目はボーリングということでスタズが有利だったが、
何故か種目はボクシングへと変わった。

ラウンドガールの衣装はウルフの趣味かね?w

力の種類から一方的にやられるスタズだったが、
最初の段階で仕掛けていた仕掛けによって形勢逆転。

そこまでして戦う理由はなんだとウルフに尋ねられ、
冬実のためだと答える。
人間に戻してやりたい。
それだけのはずがない、とウルフは言う。
その先がある。
やっぱり吸血鬼なんだ、と。

そんなウルフの心臓を握りつぶそうとしたスタズを止めたのは冬実だった。
こんなのはただのケンカじゃないですか。

というわけで、ベルが三人を退場させた。
スタズのことを調べるために仕組んでいたことだった。
だから、ウルフのナワバリにはなく、
ベル自身が持っていた。
が、ベルから渡された人体蘇生の書は暗号で書かれていて解読は不可能。
だったら、書いた人間に直接聞くしかない。
ということで誰が書いたのかを調べてみるとスタズの兄だった。

暗号で書いたのに書いた人間の名前を書物に書いてたら意味がないんじゃ?
とは思う^^;
スタズみたいな考えを持つ人もいるだろうしね。
まぁ、それだけ力があるってことの証明かもしれんが。

ブラッド・チャーリー・スタズ:逢坂良太
柳冬実:野水伊織
ウルフ:寺島拓篤
ハイドラ・ベル:ブリドカット セーラ 恵美
ブラッド・D・ブラッズ:木村良平
ブラッド・T・リズ:南里侑香
豆次郎:斎藤千和
デク:米須太一
ミミック吉田:山本和臣
パップラドン・アキム:遊佐浩二
フランケン:稲田徹
ネル:梶裕貴
べロス:浅野真澄
ゴイル:岸尾だいすけ
冬実父:徳本英一郎
トビ:ロア健治
キジ:白川周作
オニクロ店長:松田健一郎
ハトムネ運送:イッキ、菊タロー
サバ夫:明平鉄平
雪男:つぶやきシロー

トラックバック

TB*URL

ブラッドラッド 第3話「持ってんじゃん」

ブラッドラッドの第3話を見ました。 第3話 持ってんじゃん ベルから死んだ人間を生き返らせる『人体蘇生の書』があると聞いたスタズは冬実と豆次郎とともに西魔界へと向かう

ブラッドラッド テレ玉(7/21)#03

第3話 持ってんじゃん 公式サイトから死んだ人間を生き返らせる『人体蘇生の書』があると知ったスタズは、冬実と豆次郎とともに西魔界へ。そこはスタズの幼なじみであり、宿敵のウ

ブラッドラッド 第3話「持ってんじゃん」 

『人体蘇生の書』を求め、スタズたちは西魔界のウルフを訪ねていく。 再会を喜ぶほど親友の二人だが、冬実をかけてボクシング勝負を!? 冬実のラウンドガール姿がカワイイ第3話

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.