edit

ブラッドラッド #02

『ただいまは言わない』
人間界へとやってきた二人。
繋がっていた場所は冬実の部屋。
そこを見たスタズは牢獄か何かか、と言った。
まぁ、本当に何もなかったもんなぁ^^;
整理されてる、と言えば聞こえはいいけど、
趣味とかそういうものが一切見えなかったですもんね。
年頃の女の子だったら香水に興味を持ち始めたり、
ぬいぐるみだったりと可愛いものがあってもええのにね。

そうして、向かった先は学校。
その前に家を出ようとしたところで冬実のお父さんと遭遇。
一体どうしていたんだ、と怒られるわけですが、
スタズがプシュっと液体をかけると何事もなかったように仕事へと向かった。
その液体はスタズの牙から分泌される成分を抽出して薄めたものだった。
それによって人間をコントロールした。

そうやって人間界で色々なものを見ながら学校へ。
学校でもほとんどの人間に液体をかけていった。
その結果、冬実はいなかったのにいたことにされてしまう。
自分じゃない誰かを友達は自分だと思っている。
スタズは何でこんなことをしたのか。
涙を流す冬実にスタズは言う。
人間として生き返り戻ってきた時に何事もなくなじめるように。
いつまでも魔族として生きるわけじゃないんだから、その方がいいだろう、と。

そして、そんな話をしてる冬実の体は消えかかっていた。
人間界に長期滞在は出来ない、そう言われていたのが早くも症状として出ていた。
それを止めるためにスタズがしたのは自分の血を飲ませることだった。
強すぎる魔力に酔いつつも冬実の体は元通りに。

スタズは何でこんなことをしたんだろう、と疑問に。
また、他の人間には冬実のような胸の高鳴りを感じることもなかった。

その後、家へと戻るとベルが待ち受けていた。
ブラックカーテンの持ち主。
それを二人に勝手に使われた、としてスタズにあるものを取りに行かせた。
でも、力を試すためのことで、本来の目的はブラックカーテンを盗んだものを探すことだった。
誰かがベルから盗んで使った。
だから、自分のものだったのにしまうことが出来ず放置されてしまっている。

魔力の強い人間にしかできないということでスタズかと思ったがそうじゃなかったことを冬実から教えてもらう。
スタズがいない間にすっかりベルに気に入られてましたね。

そして、そんなベルから蘇生に関する書物を持っていたことがあることを教えてもらう。
ただ、今は持っていなくてウルフのナワバリで売ったことを聞かされる。
そのウルフはスタズのよく知る相手だった。

「・・・」とかちょいちょい入る文字があまり好きじゃないかもしれんなぁ。
2話もあまり楽しめなかった。

ブラッド・チャーリー・スタズ:逢坂良太
柳冬実:野水伊織
ウルフ:寺島拓篤
ハイドラ・ベル:ブリドカット セーラ 恵美
ブラッド・D・ブラッズ:木村良平
ブラッド・T・リズ:南里侑香
豆次郎:斎藤千和
デク:米須太一
ミミック吉田:山本和臣
パップラドン・アキム:遊佐浩二
フランケン:稲田徹
ネル:梶裕貴
べロス:浅野真澄
ゴイル:岸尾だいすけ
冬実父:徳本英一郎
トビ:ロア健治
キジ:白川周作
オニクロ店長:松田健一郎
ハトムネ運送:イッキ、菊タロー
サバ夫:明平鉄平
雪男:つぶやきシロー

トラックバック

TB*URL

ブラッドラッド 第2話「ただいまは言わない」

ブラッドラッドの第2話を見ました。 第2話 ただいまは言わない 「おいおいおいおいおい、マジかよ!?ブラックカーテン…魔界と人間界を行き来することができる空間の扉。人間

ブラッドラッド テレ玉(7/14)#02

第2話 ただいまは言わない 公式サイトから肉体を失い幽霊となった冬実とともに、憧れの人間界へ向かうスタズはテンションMAX!そんな彼と反対に、冬実はどこか浮かない顔……。さら

ブラッドラッド 第2話「ただいまは言わない」

人間界にやってきたスタズには、見るもの何でも珍しいものばかり。 ハイテンションなスタズと違い、幽霊になってしまった冬実は存在が維持できず消えそうになってしまう… 新キャ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.