edit

ソードアート・オンライン 5 ファントム・バレット/川原礫(著) 読了

ソードアート・オンライン 5 ファントム・バレット/川原礫(著)MMORPGではあるからステータスがあったりするわけですが、
FPSを実際にってのは楽しそうでならんですねぇ。
あとがきを読むと付け焼刃の知識らしいですが、
川原さんが言われてるようにゲームだしね。
自分も好きですが、知識らしいことは知らんのでw
読んでいて楽しかったです。
システムもなるほどなぁ、という感じでしたしね。

というわけで、銃と鋼鉄の世界へと入ることになったキリト。
目的は調査。
死銃と名乗る人物とその力の秘密を。
彼の撃った弾丸によって現実世界で死者が出ていた。
それの真相を調べるために協力することになった。

ヒロインの過去を描いてることもあり、
キリトがゲームに入るまでが少し長いのが、
少しだけ退屈な感じがあったなぁ、と。
ゲームに入ってからの展開は早く楽しかったですけどね。

ていうか、表紙のキャラってキリトだったのねw
完全に女性だと思ってた^^;

関連記事
ソードアート・オンライン 2 アインクラッド/川原礫(著)
ソードアート・オンライン 2 アインクラッド/川原礫(著) 読了(ネタバレ注意)
ソードアート・オンライン 3 フェアリィ・ダンス/川原礫(著)
ソードアート・オンライン 3 フェアリィ・ダンス/川原礫(著) 読了(ネタバレ注意)
ソードアート・オンライン 4 フェアリィ・ダンス/川原礫(著)
ソードアート・オンライン 4 フェアリィ・ダンス/川原礫(著) 読了(ネタバレ注意)
ソードアート・オンライン 5 ファントム・バレット/川原礫(著)
ソードアート・オンライン #01(テレビアニメ)


以下、ネタバレ含みつつ感想続けます。
というわけで、ここからはアニメでは描かれていない話。
楽しみですねぇ。
そんな5巻はFPSゲームが好きなこともあって、
この世界は好きですね。

そんな世界が舞台のヒロインは大きな闇を抱える少女。
そして、彼女とキリトが出会うことで互いの闇と向き合っていくことになるのかな?

シノンの抱える闇が大きすぎてマジでビックリした。
で、本当に強い子だなぁ、と。
同じ状況だとしたら絶対に仮想世界でも銃なんか持てないと思う。
まして、あんな風に戦うなんて絶対無理でしょ。

そんなシノンが自分と同じような闇を抱えてると思った相手がキリト。

キリトの中で浮き上がってきた闇。
まさか、ラフィン・コフィンがここでまた出てくるとは思ってなかった。
こんな展開になるのかぁ、とワクワクしました。
ただまぁ、死銃の正体はどう考えても彼で、わかりやすすぎじゃないかなぁ、と思うところ。
違ったら恥ずかしいけどもw

アニメでも原作でもあまり詳しく描かれてなかったように思うのですが、
今回の中で描かれていくのかな?
というかまぁ、それなりに5巻で書かれてましたけどね。
他の時にはえらくあっさり書かれてた気がしますが、
やっぱりキリトの中で人を殺したというのは大きく深く残り続けてたんですね。
そんなギルドのリーダーは逃げ延びてたんですねぇ。
どうなったのか気になる。

死銃の目的は自分が最強であることを示したいみたいですが、
それはリーダーのプーが関わってるんでしょうかね。
目的もそうですけど、銃に何らかの特別な力があるのなら、それの入手先も。
キリトにやたら興味を持ってたのはSAOをクリアしたからってことですよね?
最強の剣士だなんだと言われてるのが納得いってない、ってことなのかな。

しかしまぁ、容姿が女の子っぽいのをいいことに女性のフリをしてシノンと買い物。
その後、バラしたらふてぶてしく。
本当にゲームを楽しんでるんだろうなぁ、ってのはわかるけども。
バラした後の態度はもうちょっと申し訳なさそうにしてもええだろうにw
外見とのギャップも大きいだろうなぁ、きっと。

銃の世界で剣で戦うキリト。
ヘカートから放たれた弾丸も斬っちゃうのね^^;
反則すぎるw
ステータスはリセットされてるのに、ALOとあんまり変わらない反則っぷりでしたね。
こっちは剣を振り続けてきたたまものなんでしょうけどね。
すごいねぇ。

6巻は厚さもあるし楽しみだなぁ。
BoBも本線で熱い戦いが起こりそうだし、
現実世界の方で動くこともあるだろうし。
どういう結末になるんだろうなぁ。
シノンもまた恋しちゃうのかい?w
その辺も気になるね。


トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.