edit

エンジン 第2回『0からの始動』

昨日のエンジンは眠たくてはっきり覚えてないのですが、覚えてる限り書こうかなぁと思います。
施設にいる子供の1人が大学受験を考えていることを知った、施設の先生(役名忘れちゃいましたが小雪さんです)は一人部屋にして勉強をしやすくしてあげようと思ったらしいのですが、その子は拒否しました。施設の先生はその子の理由をちゃんと聞かないでその一人部屋にすることをしたので、当然その子は怒ったわけですね。
その点、次郎(木村拓哉)は子供っぽいから子供の気持ちがわかるんでしょうね^-^その悩みをちゃんと聞いてましたねぇ。聞くつもりはなかったみたいですけど^-^;
その次郎は施設にいるときは明るくしていますが、いろいろとレーサーのことで悩んではいるわけですね。スポンサーが見つからず、やっと話を聞いてくれた社長さんは個人的に応援をしてくれるだけでお金の支援はしてくれなかった。
そこで、元々所属していた日本のチームにもう一度お願いをしにいったわけです。監督は話を聞こうともしなかったのですが、今はチームのレーサーとして走っているお金持ちで3歳かたカートの教育を受けてた、いわゆるボンボン(個人的に好きじゃないですねぇ。あぁいう人w)が勝負をしようと話しかけてきたわけです。

昨日はたぶんこんな感じだったと思います。
わかりにくぅw

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.