edit

Robotics;Notes #19

『夢なんて、持たなければよかった』
カイとアキの前にいたミサは本物じゃなかった。
本物のミサはロケットの打ち上げのために動いていた。

そして、ロボットに乗って会場をめちゃくちゃに。
アキの前でガンつく2は壊される。

アキは全てどうでもよくなった。
そんなアキを見損なった、とカイ。

が、やっぱりアキはアキでしたね。
カイは必死に声をかける。
ミサにちゃんと自分の気持ちをぶつけよう。
そして、アキも少しだけ元気を取り戻す。

が、種子島に戻ろうにも空港は封鎖されてしまっていた。
でも、別の場所があった。
先生は綯ちゃんからその方法を預かっていた。

近いうちテロが起きるから、と言われて。

綯ちゃんカッコいいw
でもって、倫太郎がお父さんにつけていたブラウンの名前をコードネームとして継いでんのかよw
綯ちゃんに助けられたフラウ。
彼女は彼女で君島と母親の繋がりに気付いたみたいですが、
その先はどうなるんだろ?

澤田は黒幕ではなく、それを防ごうとするものだった。
そして、ミサは黒幕の駒。
黒幕は全ての情報をばらまいた君島だった。

瑞榎さんは殺されたってことですよね。
君島に関わるなとカイにずっと言い続けていた。
君島に関して何か知ってたってことなんでしょうけど、
それをちゃんと伝えてたら何か変わってたんでしょうかね。
ミサは瑞榎さんのありがとうって言葉を裏切ったことを本当になんとも思ってないのか?

ミサは一体何を考えてんのさ。
君島と出会ったことでミサは洗脳されてたってことか?
変わってしまった時からずっと今まで。

東京から種子島へと戻ろうとするカイたちの前に現れたのは、
愛理。
でも、愛理であって愛理ではなかった。

居ル夫。越しに見た世界。
愛理のそばにいたのは君島コウだった。

君島はネットワークの中で永遠に生き続けていた。
愛理とカイがしてきたことは全て彼の思惑。

今回はもう一度見直そう。
ちょっと話が掴みきれてない。

八汐海翔:木村良平
瀬乃宮あき穂:南條愛乃
愛理:釘宮理恵
神代フラウ:名塚佳織
日高昴:細谷佳正
大徳淳和:徳井青空
伊禮瑞榎:本田貴子
長深田充彦:上田燿司
天王寺綯:山本彩乃
瀬乃宮みさ希:井上喜久子
澤田敏行:三木眞一郎
君島コウ:森川智之

トラックバック

TB*URL

「Robotics;Notes」第19話

首謀者は… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201303010001/ ROBOTICS;NOTES Phantom Snow(1) (ファミ通クリアコミックス)郷 (原作)5pb. エンターブレイン 2...

(アニメ感想) ROBOTICS;NOTES(ロボティクス・ノーツ) 第19話 「夢なんて、持たなければよかった」

投稿者・鳴沢楓 ROBOTICS;NOTES ( ロボティクス・ノーツ ) フィギュア 瀬乃宮あき穂 ・ 神代フラウ 全2種セット (「ペーパークラフト④愛理」付属)()不明商品詳細を見る ☆アニメを濃く

ROBOTICS;NOTES 第19話 夢なんて、持たなければよかった

みさ希はパワードスーツのおかげか銃弾に傷付く事もなく、そのまま逃走。 澤田は銃を連射しますが、海翔が飛びついて止め、あき穂に追わせますが、何をする、早くみさ希を止めろ ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.