edit

絶園のテンペスト #20

『フーダニット(誰がやったか)』
今回ついていけないよw
いやまぁ、放送時間がいつもより大分遅いこともあって、
若干頭回ってないこともありますけど、
ってのは言い訳にもならないね^^;
録画してあるし、来週までにもう一度見よう。

続きが気になってしょうがないですね。

過去へ戻るために、左門の血が染み込んだ樽と連絡に使っていた人形。
そして、供物。

それらを揃えて葉風は過去へ。

左門の冗談w
あんなこと言う人だとは^^;

過去に飛ぶ本当の目的。
愛花を殺した犯人を捜す。
が、それだけじゃない。
本当は葉風自身が愛花を殺すのではないか。

未来に殺す人間が犯人であれば、真広とともにした犯人探しは意味をなさない。

色々と可能性を考えてるようですが、、、

痴情のもつれから、
発作的に殺してしまうかもしれない。
笑い事じゃないだろうがw

たとえ憎まれても、惚れた相手に忘れられない。
それほどの幸福はない。

葉風は再び過去へ。
誰もいないのはわかるけど、素っ裸で堂々としすぎですw

半年ほど進んだ過去という葉風の見立て。
つまり愛花が殺されるまで1ヶ月ほどしか残っていない。

そして、島に隠された供物ですぐに島から離れる。

吉野や真広、そして、愛花が暮らしていた街へと葉風は辿り着く。

愛花が殺されるまで残り4時間半。
街に着いた葉風はさっそく愛花と会うことになる。
ただの偶然であればよい、が、
葉風は愛花に声をかけられる。

自分を気にしていたようですが、と。

葉風は串焼きが美味しそうだったとごまかし、逃げるように離れた。
魔法を使って屋上に逃げた葉風は色々と考えを巡らせる。
愛花の人となりを直に見て感じたことなどを口に出して。

そんな葉風に声をかける人物がいた。
いるはずのない人が。

愛花だった。

葉風の予想を全て上回る愛花の言動。
何故こんなにも冷静なのか。
魔法やはじまりの樹を何故知っているのか。

そして、愛花は自分の正体を明かした。

本物の完全なる絶園の魔法使いは愛花だった。

マジでどうなってんですかw
すごい展開だなぁ。
毎週楽しみでしょうがないですね。

愛花が誰かに殺されたことで、心と体が吉野と羽村に分かれたのかね?
ていうか、この展開だと愛花を殺すのは愛花自身なんじゃなかろうか?
と思うんですけど。
葉風が愛花を殺す、というのは絶園の魔法使い相手だと余計にない気がする。
ましてや、吉野や真広もないと思うし。

どうなるのかねぇ。

次回、二人の戦いはどういう展開となるのか。

滝川吉野:内山昂輝
不破真広:豊永利行
鎖部葉風:沢城みゆき
不破愛花:花澤香菜
鎖部左門:小山力也
エヴァンジェリン山本:水樹奈々
星村潤一郎:野島裕史
鎖部夏村:諏訪部順一
鎖部哲馬:吉野裕行
早河巧:浅沼晋太郎

トラックバック

TB*URL

絶園のテンペスト 第二十幕「フーダニット(誰がやったか)」

絶園のテンペストの第20話を見ました 第二十幕 フーダニット(誰がやったか) 惚れた吉野のために悲劇は止めなければいけないと考えた葉風は愛花の死の真相を知るために過去に

絶園のテンペスト 第20話

葉風(CV:沢城みゆき)は、はじまりの樹の姫宮としての力を使って、過去の世界に行って誰が愛花(CV:花澤香菜)を殺害したのかを見て来ると言い出します。 なので、富士山麓に埋ま

(アニメ感想) 絶園のテンペスト 第20話 「フーダニット(誰がやったか)」

投稿者・ピッコロ 絶園のテンペスト 1【イベントチケット優先販売申込券付】(完全生産限定版) [Blu-ray](2013/01/23)内山昂輝、豊永利行 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい

絶園のテンペスト 第20話「フーダニット(誰がやったか)」

「懐かしいと言うのも妙な気がするが  戻って来たぞ、過去へ!」 愛花を殺した犯人を確かめる為に過去へと戻った葉風 そして、葉風が起こす最悪のケースを考える左門   再び過...

絶園のテンペスト 第20話「フーダニット(誰がやったか)」

愛花を殺した犯人を見つけるためもう一度過去に戻る事件の目撃者になると決めた葉風 富士山麓で人形と樽を捜索、搬送してもらえるよう頼んでいましたがあれだけ樹同士の激突が あ

絶園のテンペスト 第20話 あらすじ感想...

葉風は愛花が殺される前の時間へ----------!!まさに葉風だから考えられる計画。樽と人形を用意して、起こるべく愛花の事件の目撃者になるという葉風。果たして見つかった樽と人形は...

絶園のテンペスト第20話「過去にも戻った鎖部葉風と不破愛花!!」感想

「フーダニット(誰がやったか)」 感想 「誰が不破愛花を殺したのか、この眼で確かめる!!」しかし過去の改変は起こってません。殺人を止められないならパラドックスはありません

絶園のテンペスト 第20話 感想

葉風が過去に行っても、過去改変は不可能みたい。 だから、愛花が復活するとか、愛花を死なないようにするとか、そういうのは無理であくまで真実を知れるだけ。 ただでさえ、スト

絶園のテンペスト 20話

時を超える物語となると、作者の「タイムトラベル」に関する考え方が 如実に現れて面白いですよね。しかし、その思想の違いから 読み解くのが難しくなるのも確か。それをどううま

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.