edit

dinner #06

『まず始めに前菜を』
人殺しの作った前菜。
浜岡さんの前菜がインタビューを受けることになった。
お客を増やすためにという沙織の頼みに、
断った浜岡さんは負けて協力することに。

断ったのはそういう過去があったからだった。
浜岡さんが殺してしまった男性の息子が来店し、
そのことを店内で言った。

その後、浜岡さんから事情を聞かされる。
自首をし、5年の刑期を終えて出てきた浜岡さんを、
全てを理解した上で辰巳さんはもう一度迎え入れた。

が、浜岡さんが話したことは全てではなかった。
酔って絡んできた相手と揉みあいになって、
倒れた時に頭を打って亡くなった。

浜岡さんは一人の女性を守ろうとして相手と揉みあいになって、
殺してしまった。

その女性は1年に1回来店するお客さん。
浜岡さんの料理じゃないことを一口食べてわかるほど、
浜岡さんの料理を愛している人。

浜岡さんは彼女だけじゃなく、彼女を襲った男の家族も守ってたんですね。
全てを自分の中にしまって、背負ってたんですねぇ。
本当に素晴らしい人なんだな。
そういう性格も料理に出てるんでしょうね。

真実を知らないからって息子のあの言い草はイラッとしますね。
店内で言う必要なかったろうにね。
真実を知ったらどう思うことやらねぇ。

次回は、見習いの子が暴れる?
そして、江崎さんの知り合いが来店?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャスト

☆江崎究:江口洋介
☆辰巳沙織:倉科カナ
☆今井耕助:松重豊

☆夏野大樹:袴田吉彦 ☆武藤はづき:関めぐみ ☆浜岡孝太郎:志賀廣太郎
☆本宮恵理子:柴本幸 ☆大塚弥生:池津祥子
☆辰巳日出男:風間杜夫
☆木村数馬:八嶋智人 ☆瀬川壮一:ユースケ・サンタマリア

公式HP

#01 | #02 | #03 | #04 | #05

トラックバック

TB*URL

「dinner」 6 ☆

またいろいろ無理矢理なw 『同じ賄いを食べて来た家族』 という台詞は印象的。そして、同じ様に見える前菜でも浜岡さん作じゃないとダメだ!となる展開もドラマチックなのですが、 ...

dinner 第6話

『まず始めに前菜を』 内容 ロッカビアンカに取材の話が舞い込んでくる。 一流紙の大特集!と沙織(倉科カナ)は、大喜び。 横柄な態度の江崎(江口洋介)ではなく、 前菜担当の浜岡...

dinner (第6話・2/17) 感想

フジテレビ系ドラマ『dinner』(公式)の第6話『まず始めに前菜を』の感想。 なぜ今回、突然雑になる? これまで面白くてあちこちに宣伝してきたのに、今回は急に雑で頂けない

dinner六話&ビブリア古書堂の事件手帖六話感想

■dinner六話 今回はシェフのひとりの志賀廣太郎が、実は過去に人殺しをしていたという事実が発覚。それが世間にも知れてしまって、店は大ダメージ。どうなる!?という内容だったが

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.