edit

DEAR BOYS ACT3 12巻

DEAR BOYS ACT3(12)/八神ひろき(著)表紙は試合中は不調の3Pシューターの本田。
不調のタイミングで表紙にしなくてもw

口絵は瑞穂の6人が勢揃い。

和彦の戦い方の変化。
スクリーンをしてもらうばかりだった和彦が仲間のためにスクリーンを。
自ら点を取るのではなく、チーム全員で点を取るためのアシストを。

そんな和彦のプレイに天童寺のメンバーは怒りをにじませる。
スクリーンをしにきた和彦にファールなど関係なくぶつかっていく。
それでも、和彦はそのプレイを止めない。
このファールは後々天童寺を苦しめることになる。
ラッキーじゃないか、と天童寺をさらに怒らせるような言葉をぶつけたり。

足の痛みに耐えながらも蘭丸の3Pは決まる。

そんな中での不調すぎる本田に代わって、
もう一人の3Pシューター鎌倉が登場。
流れを掴みかけたところでのこの投入。

試合はどう動く。

関連記事
DEAR BOYS ACT3 7巻
DEAR BOYS ACT3 8巻
DEAR BOYS ACT3 9巻
DEAR BOYS ACT3 10巻
DEAR BOYS ACT3 11巻



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad