edit

カラマーゾフの兄弟 #01

『汚れた血族』
う~ん。
どうなんだ、これ?
初回の掴みはあまりよくないなぁ、と思った。
もうちょっと話を進めてほしかった。
何もよくわからんまま終わったって感じだったもんなぁ。

とりあえずまぁ、恨みに恨んでるということだけはわかったけど。

文蔵の悪役っぷりは見てて気持ちがいいほどですね。
最初からこんな人だったんでしょうかね。

その息子たち三兄弟。
下の二人には期待してるみたいですが、一番上には期待してない。
母親が違うということが大きい理由のようですが、
今お金があるのはその人のおかげでもあるようで。

下の二人のお母さんの自殺の理由は父親のせいでしょうけど、
途中で狂ったように笑ってるような場面がありましたが、
あれは何があったんだろう?
理由は忘れた、と覚えてないフリをしてたんだと思うけど。

満が近づいた女性は文蔵と付き合いのある人だったみたいですね。
そのことがこれからどういう影響が出てくるのかな。

感想は今回のみかなぁ。
ちと悩み中。
話が進むにつれて面白くなりそうだとは思うけど。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャスト

☆黒澤勲:市原隼人 ☆黒澤満:斎藤工 ☆黒澤涼:林遣都

☆遠藤加奈子:高梨臨 ☆末松進:松下洸平 ☆小栗晃一:渡辺憲吉
☆黒澤詩織:安藤サクラ
☆園田志朗:小野寺昭
☆吉岡久留美:芳賀優里亜 ☆刑事:滝藤賢一 ☆黒澤文蔵:吉田鋼太郎

公式HP

トラックバック

TB*URL

【カラマーゾフの兄弟】 第1話 初回感想

そのとき、お父さんへの殺意が芽生えたのではないんですか? 殺意? んなもんもっと前からだよ。 …でも殺しませんよ。    だって親ですから。 カラマーゾフの兄弟 第1

カラマーゾフの兄弟 (第1話・1/12) 感想

フジテレビ系ドラマ『カラマーゾフの兄弟』(公式)の第1話『汚れた血族』『(ラテ欄)汚れた血族~衝撃の心理サスペンス開幕』の感想。なお、原作である文豪フョードル・ドストエ

カラマーゾフの兄弟「汚れた血族」

原作は、ドストエフスキーの超有名な作品… こんなオハナシだったのですね。 めちゃくちゃダークなトーン、ハードな諸々ににのけぞってしまいました。あまりにも修羅場な環境。

カラマーゾフの兄弟 第1話

黒澤家の当主・文蔵(吉田鋼太郎)は、不動産業と建設業を地方都市一帯に手広くやっているやり手ジジイで、色んなところから恨みを買っています。 かなり性格にも問題があるみた

いじめをするのは弱い人間なんです

「何があったって人間食べないと生きていけませんから」「商売なんか程度の差こそあれあくどいものなんじゃないですか」「お金が嫌いな人間などいないと思いますが」「でも、殺しま...

いじめをするのは弱い人間なんです

「何があったって 人間食べないと 生きていけませんから」「商売なんか程度の差こそ

カラマーゾフの兄弟 第1話

 第1話 JUGEMテーマ:エンターテイメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.