edit

となりの怪物くん #11

『山口さんちの賢二くん』
雫に恋する二人の男。

ヤマケンの反応が可愛らしいですねw
でもって、千づるの友達はタイミングよすぎでしょうよ^^;

頭触られるのはイヤ。
とハルに言いながらも、雫にたんこぶが出来てるか確認されたときには、
顔を赤らめる。
女には困ってないとか言うヤツの態度じゃないだろw
ものすごく純情少年やんw

そんなヤマケンとハルはいじめる側といじめられる側だったみたいですが、
ハルは全く気にしてなかったのか、ヤマケンの後をついて歩くという。
あれはどういうことなんだろ?
なんだかんだでヤマケンはハルがいじめられる理由も言ったりしてましたし、
幼いころから嫉妬があったってことなのかな。

ハルと優山。
昔は仲が良かったみたいですね。
ハルも懐いていたようですし。
ただ、家が変わって?そこからハルのことをどんどん避けるようになっていったみたいですね。
嫌いになれたらどんなにいいか。
自分がどんな想いで一緒にいたのか。
ハルがいたから自分も一緒にいられた、ということらしいけど。
そもそもハルの家は一体なんなんだ?

そんなハルの気持ちを聞いた雫。
一緒にいたい。
でも、嫌われるのはイヤだ。
どうしていいか、わからない。
そんなハルに雫もまた自分はどうすべきなのかわからなくなる。
雫は雫なりの答えを出したけど、
それがハルにとっての答えになるわけじゃなかった。
難しいですねぇ。
微笑ましいけどね。

魔法瓶の水筒にスパゲッティってw
家庭的とは少しズレてるだろ^^;

水谷雫:戸松遥
吉田春:鈴木達央
夏目あさ子:種﨑敦美
佐々原宗平:逢坂良太
山口賢二:寺島拓篤
大島千づる:花澤香菜
吉田優山:中村悠一
三沢満善:樋口智透
マーボ:阿部敦
トミオ:小野友樹
サエコ先生:ささきのぞみ

トラックバック

TB*URL

となりの怪物くん 第11話「山口さんちの賢二くん」

となりの怪物くんの第11話を見ました。 第11話 山口さんちの賢二くん 賢二は年明けまで休みなしの予備校の特別進学コースの冬期講習に雫と一緒に通うことになり、さりげなく

となりの怪物くん 第11話「山口さんちの賢二くん」

オレは自分という人間に非常に満足している。何不自由なく育ち 親や周りの期待を一身に受け何なくそれに応えてきた--  このオレがエリートじゃなくて誰がエリートだっていうんだ---...

となりの怪物くん 第11話 あらすじ感想...

ヤマケンくんはお年頃-----------!?雫に対して想いを自覚したものの、春とのへんてこコンビのせいでイマイチ自分のペースを掴めないでいるヤマケン。それでも一緒に食事くらい・・・...

となりの怪物くん #11

ヤマケンの悩みと、相変わらずすれ違いの雫と春のお話でした。ヤマケンは、幼い頃からエリート街道を歩いてきたようです。家もそこそこ金持ちで、それなりに勉強もできて、

となりの怪物くん 第11話「山口さんちの賢二くん」

第11話「山口さんちの賢二くん」 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.