edit

WJ 1号

今週号のジャンプ

以下ネタバレあり
HUNTER×HUNTER
映画のための番外編。
前後編となり来週号に後編が掲載。
その後、劇場にて0巻として配布されるようです。
「ONE PIECE」や「NARUTO」なんかも同じことをしてましたが、、、
本編をちゃんと連載してしましょうよ^^;
とは正直に思うところ。
けど、内容は本編では全く出番のなかったクラピカの過去を描いたもの。
これは素直に嬉しいですね。
自分のせいで足と目を悪くしてしまった友達のために、
外の世界を見せる、そして治療する。
そのために、村の掟。
外の世界には大人になってからではないで出てはいけない、
というものをどうにかしようとした。
そして、根負けして試験を受けられることに。
知識量がすぐに追い抜かれてましたねw
試験出してる方が間違えてたり、教えてもらったり^^;
最後の試験は目の秘密を守るための試験。
あの目薬は確実に入れ替わってるよなぁ。
それがどういう結果をもたらすことになるのか。
村に流れ着いたハンターは今後に何か関係してきたりするのだろうか?

31巻が今日、32巻が今月末に発売されて新年からは本編の連載も再開。
今度も2巻分くらいの連載なのかなぁ。

ONE PIECE
止まらないルフィ。
ルフィ以外も動いているようですが、
キンエモンはモモノスケを斬ってしまったと勘違い。
まぁ、そう思うよねぇ^^;
ウソップは錠を探して敵陣の中へ。
そして、スモーカー、ヴェルゴ、ローの3人。
スモーカーが攻撃を受け続けたのは気を自分に向けさせるためだったんですね。
海賊への借りはすぐにでも返す。
その結果、ローは自分の心臓を取り戻した。
そして、ドフラミンゴとヴェルゴへの挑発。
キレたヴェルゴにこっぴどくやられた過去をローは持っていた。
が、ルフィたちが己を鍛えたように。
新世界へとやってきたルーキーたちもまた鍛え続けていた。
ローはヴェルゴを一刀両断。
その太刀は山をも両断した。
ガス大丈夫なんだろうか?w

ニセコイ
占いに左右される二人。
運勢が良かった楽と運勢が悪かった小咲。
小咲も極端すぎるわ^^;
最後は、貧血で階段から転げ落ちそうだった小咲を楽が助ける。
楽自身はボロボロになったわけですが、小咲は無事。
で、そんなことがあったのだと後で聞かされて、
小咲は自分の運勢が悪くなかったと感じる。
千棘は不意打ち的にリボンを触られてドキドキ。
この場面よかったなぁ。
楽にとってはラッキーカラーの力を借りたかっただけなわけですが、
そういうことにドキッとする千棘がいいね。
千棘が自分の気持ちに気付いてから鶫の出番がめっきりなくなりましたね。
ちと残念。

べるぜバブ
古市、寧々さんペア対神崎、花澤ペアの料理対決。
神崎がダメすぎるw
ただまぁ、結果はどっちも不味かったようで^^;
試食ドンマイすぎるわ。
意外と古市が頑張ってたから何とかなったのかと思ったけど。
ていうか、寧々さんはどうしてもケチャップで文字を書きたいのか?w

NARUTO
十尾を前に八尾の攻撃はハエを弾くようなものだった。
そして、八尾は傷を負いすぎ、九喇嘛はチャクラの不足を防ぐために一度戻ることに。
ガイの治療をしてやってw
十尾の攻撃が4人を狙う。
が、それは4人の横を通り過ぎた。
連合軍大集結。
それぞれの場所で戦い続けていた人たちが駆け付けた。
五影だけはまだいない。
綱手の治療はどうなったのか。
仲間の力はどんな術よりも強いもの。
さてはて、烏合の衆じゃなくなったとナルトはいいますが、
マダラやオビトにとって、この状態が烏合の衆だと思ってるんじゃないかと。
どうなるんでしょうかねぇ。

トラックバック

TB*URL

WJ 1号感想

・「ブリーチ」…月島や銀城の姿が… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201212030001/ トリコ 22 (ジャンプコミックス)島袋 光年 集英社 2012-12-04売り上げ...

週刊少年ジャンプ2013年1号・感想♪

今年はまだ1ヶ月あるというのに、 ジャンプはもう新年度1号です。 表紙は、年明けに映画が公開される「H×H」。 巻頭は「トリコ」。 大先輩・大物達を前に、ガッチガチの小松

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.