edit

七人の王国 総理大臣は十七歳/峰月皓(著)

七人の王国 総理大臣は十七歳/峰月皓(著)メディアワークス文庫、今月の新刊2冊目。

東京から南に1000kmも離れた小さな島。
そこで暮らす様々な過去を持った男女七人が日本からの独立を宣言。
その国の総理大臣となったの17歳の少年だった。
マスコミは飛びつき、日本政府は不快感を示した。

さてはて、彼らは何故独立しようとしたのか。
そして、その先にあるのはどういう結末なのか。
面白くてスムーズに読めるといいんだけどなぁ。
どうなるだろ。


トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.