edit

DEAR BOYS ACT3 11巻

DEAR BOYS ACT3(11)/八神ひろき(著)表紙は北沢。
そんな北沢が哀川を抑え込む。

第1クォーターはこれから反撃をというところで、タイムアップに。
そして、始まった第2クォーターでは開始早々剣のダンク。
さらには、北沢が哀川を完全に抑え込む。

一人で背負い込もうとする哀川にみんなが声をかける。

そして、氷室は哀川の考えを見透かすように言う。
自分は瑞穂に来てから成長していないのではないか。
そんな風に思っているんじゃないか。
でも、そんなことはない、と。
哀川は瑞穂に来て色々なことを教えてくれた。
それで、周りのメンバーは大きく成長した。
でも、人に教えると言うことは自分を見直すことにもなる。
それは自分を成長させることにもなる。
天童寺にいれば絶対に得られなかった経験。
だから、前向きに考えていい。

そんな氷室の言葉をさらに支える瑞穂のメンバー。

哀川は今ここでやるべきことを全力でやる。

哀川の試練を瑞穂のメンバー全員で乗り越える。

さてはて、哀川のお母さんですけど心配するなら
ちゃんと戦う姿を見てあげてほしいですよね。
優しい和彦が、、、とかじゃなくてさ。
目をそらすのは簡単でしょうよ。

というわけで、まとめて読んだわけですけど、
あれ?こんだけしか進まなかったっけ?
って感じでした。
本当にもう少しだけテンポアップか、1話あたりのページ数増やしてほしい気がする。
描きたいことがたくさんある、というのはわかるけども、
どうもACT3になってからは間延び感がそれまで以上に強い気がするねぇ。

関連記事
DEAR BOYS ACT3 6巻
DEAR BOYS ACT3 7巻
DEAR BOYS ACT3 8巻
DEAR BOYS ACT3 9巻
DEAR BOYS ACT3 10巻



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad