edit

境界線上のホライゾンII #13 最終回

『境渡りの欲深き者達』
ナイトの手を取るナルゼ。
一緒に戦うために。

新たな装備で二人は空を飛ぶ。
合体なんかも出来るんですねぇ。

で、、、
胸が当たって気持ちいいのよ。
いやいやw

ただまぁ、燃費があまりよくないらしいね。

打つ手がなくなったアデーレ。
トーリの表情に自分で考えるしか、と思っていると何かに気付く。

ステルス航行で戦闘空域を離脱と思ったフアナだったが、
武蔵は後方宙返りに。
その途中でホライゾンが大罪武装で攻撃を。

感情がわからない。
でも、理解できていないだけ。
わからないのはイヤです。

二人合せて二倍して、傷つけて世界を救いましょう。
それが自分の強欲。

というわけで、互いに全力でぶつかった攻撃。
でも、それを艦を犠牲にし防ぎきる。
そして、最後の砲撃。

が、それを待ち受けていたのはメアリだった。
支えていてくださいと点蔵にメアリは言う。

一閃。

それが戦いの最後だった。

アルマダ海戦終結。

それを見ていた人たちは色々と思うところがあるようですし、
出てきてなかった人たちがチラチラと映ってましたね。

で、奉納の炎。

喜美さんの歌をちゃんと聞きたかったなぁ。
楽しそうでしたね。

宗茂がギンの前に。
一人の男としてそばに。
ということらしいけど、最後の5人が一緒になってたところの感じが気になったわけですけど、
二人はこれからどうするんだろ?
二人とも武蔵に残るのか?

点蔵とメアリは同室かw

ベッドは上と下どっちがいいか。
一緒ではないのですか?
で、よろしくお願いします、とメアリが頭を下げたので点蔵も下げたわけだが、
頭を上げると服を脱いでいたメアリ。
服を脱がないと眠れないらしい。

メアリが直線的すぎるでしょうよw

メアリの傷となれればいい。
たくさんの傷とつけて戦ってくれた。
だから、そばで咲き続けたい。

点蔵、うれしそうでしたねぇ。
幸せそうでなによりだ。

悲しみを知らなければいけない。
でも、最後には笑え。
では、あなたは泣いてくれますか?
とトーリとホライゾン。

武蔵は修復のために出雲へ。

いやぁ、3期が楽しみですねぇ。
って、してくれますよね?
いつかってのは決まってないのかなぁ。
まぁ、楽しみに待ち続けます。
それまでに原作読めたら読みたいけど、
最近読むものが増えてて、あのボリュームになかなか手が出ない^^;

何はともあれ、本当に毎回楽しませてもらいました。
これからも期待です。

葵・トーリ:福山潤
ホライゾン・アリアダスト(P-01s):茅原実里
本多・正純:沢城みゆき
トゥーサン・ネシンバラ:田村睦心
シロジロ・ベルトーニ:子安武人
ハイディ・オーゲザヴァラー:名塚佳織
本多・二代:小林ゆう
点蔵・クロスユナイト:小野大輔
キヨナリ・ウルキアガ:黒田崇矢
マルゴット・ナイト:東山奈央
マルガ・ナルゼ:新田恵海
ネイト・ミトツダイラ:井上麻里奈
直政:真堂圭
葵・喜美:斎藤千和
浅間・智:小清水亜美
向井・鈴:悠木碧
アデーレ・バルフェット:大橋歩夕
ノリキ:平川大輔
東:森永理科
ミリアム・ポークウ:又吉愛
伊藤・健児:宮下栄治
御広敷・銀二:白石稔
ネンジ:平川大輔
ハッサン・フルブシ:小野大輔
ペルソナ君:?
オリオトライ・真喜子:白石涼子
三要・光紀:清水愛
酒井・忠次:楠大典
“武蔵”:中原麻衣
ヨシナオ:真殿光昭
本多・正信:高田裕司
小西:こぶしのぶゆき
青雷亭(ブルーサンダー) 店主:山田みほ
松平・元信:速水奨
本多・忠勝:楠見尚己
鹿角:新谷良子
インノケンティウス:中田譲治
ガリレオ:小山剛志
フェリペ・セグンド:白鳥哲
フアナ:田中理恵
ディエゴ・ベラスケス:三宅健太
弘中・隆包:安元洋貴
江良・房栄:浅野真澄
立花・(ぎん):寿美菜子
ペデロ・バルデス:川原慶久
フローレス・バルデス:三瓶由布子
立花・宗茂:杉田智和
エリザベス:田村ゆかり
ウイリアム・セシル:桑谷夏子
ロバート・ダッドリー:山田みほ
ベン・ジョンソン:小野坂昌也
ニコラス・ベーコン:三瓶由布子
チャールズ・ハワード:成田剣
トマス・シェイクスピア:斎藤桃子
フランシス・ドレイク:竹内良太
ジョン・ホーキンス:千葉進歩
トマス・キャベンディッシュ:柚木涼香
グレイス・オマリ:豊口めぐみ
クリストファー・ハットン:大川透
F・ウオルシンガム:桑谷夏子
ウオルター・ローリー:大川透
傷有り:???
ミルトン:川原慶久
犬鬼(コボルド):安元洋貴

トラックバック

TB*URL

境界線上のホライゾン?第13話(最終回)『境渡りの欲深き者達』の感想レビュー

スタッフさんありがとう!!と声を大にして言いたくなる大団円最終回でした。 戦闘シーンまわりはもちろんのこと、原作で今後出てくる各勢力のキーパーソンが顔見せとか、なんとも

境界線上のホライゾンⅡ 第13話(最終回)「境渡りの欲深き者達」

アルマダ海戦終局を前にして、三征西班牙(トレスエスパニア)は機砲を武蔵に放って撤退しようとしていました。 武神に撃墜されたマルゴット・ナイトを助けたのはマルガ・ナルゼ

境界線上のホライゾンII 第13話「境渡りの欲深き者達」 感想

アルマダ海戦決着。 武蔵、三征西班牙、英国の運命は果たして―― あまりの出来の良さに感想書いてる間も気持ち悪い笑いが止まりません。 ※原作のネタバレを含むのでアニメ組

境界線上のホライゾンII 第13話(終) 『境渡りの欲深き者たち』 結局「愛は勝つ」って事で良いのかな。

カップル多いですねぇ。登場人物が多いこともありますが、主人公総取りのハーレムアニメが多い中でこのカップルの数は驚異的。トーリ&ホライゾン。フェリペ&フアナ。点蔵&メアリ...

境界線上のホライゾンII 第13話 最終回 感想

 境界線上のホライゾンII  第13話 最終回 『境渡りの欲深き者達』 感想  次のページへ

境界線上のホライゾンII 第13話「境渡りの欲深き者達」

第2期最終話、アルマダ海戦も終結に向かう! ナルゼさんが駆けつけ落とされかけたナイトちゃんを救出。 新装備となったツヴァイ・フローレンの反撃開始です♪

境界線上のホライゾンⅡ 最終話 「境渡りの欲深き者達」 感想

太陽の沈まぬ国VS日の出ずる国、ついに決着。

境界線上のホライゾンⅡ 最終回

武蔵と三征西班牙による第二次アルマダ海戦は、一進一退の攻防が続いていましたが、対決は次々と決着が着いて行きます。 アデーレと鈴は、武蔵の中枢で指揮を執っていました。

幕下から壇上へ アニメ感想 境界線上のホライゾンⅡ 第13話「境渡りの欲深き者達」

皆さんが幸いであれば良いと眠る前に願うのは強欲でしょうか

境界線上のホライゾンII 第13話「境渡りの欲深き者達」(最終回)レビュー・感想

皆さんが幸いであれば良いと眠る前に願うのは強欲でしょうか  それぞれの想いを胸にアルマダ海戦はいよいよ終結の時を迎えようとしていた。敵に囲まれた武蔵に果たして活路は開 ...

境界線上のホライゾンⅡ 最終話 『境渡りの欲深き者達』

境界線上のホライゾン第2期もついに最終話を迎えました。アルマダ海戦の決着はこれまでの集大成に相応しい、素晴らしい演出でしたね。 そして2期を振り返ってみると、カップルが随

境界線上のホライゾンII 第13話「境渡りの欲深き者達」

小野監督はじめ制作スタッフと声優の皆さま、原作者の川上稔さん、本当に本当にお疲れ様でした。そして良い最終回をありがとうございました。ラストの“武蔵”さんのアナウンス 「

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad