edit

VISION 殺しが見える女 #12 最終回

『玲奈の正体
  (死の決戦 殺し導く女神の正体)』
何か宙ぶらりんな終わり方だなぁ。
楽しめてただけに、ちとガッカリした。

ゲームを終えた和馬は浜倉の二人目の殺人を知る。
殺されたのは和馬の同僚だった。

その復讐を一人目とすることにしたみたいですね。
出入り禁止されていたが、和馬は警察へ。
そして、崎坂さんは本当に察しがいいね。

自分を指したのには笑ったけどw
無茶は言ってるけど、なんだかんだで慕ってるのはよくわかるしね。
さすがに恨んではいないでしょうに^^;

和馬は浜倉の前に立ち、
すんでのところで殺人衝動に打ち勝った。
なのに、和馬は玲奈との通信を成功させた。

甲斐谷は玲奈と同じ送受信機を頭に入れてたのね。
でまぁ、そんな甲斐谷からの話の前に玲奈が見た、もう一人の自分。
彼女から言われたのはあなたは私じゃない、ということだった。
そして、甲斐谷は語る。

コピーである、と。
強い波動を持ったもののコピーを作って、
何とかしようとしたが、コピーには負の感情がなかった。
だから、オリジナルで実験をした。
そして、クローンを母親のもとへ帰した。

母親が娘じゃないって言ってたのはそういうことなのな。
あの人の言ってることは正しかったわけだ。
まぁ、同級生たちの話からして明らかに別人だもんなぁ^^;

そんなこんなで和馬の通信のおかげで、玲奈を救い出すことが出来た。
が、報道は始まってしまう。
それを何とかするために和馬が提案したのは、
玲奈が死んだと報道することだった。

それは実際に報道され、殺人者を増やすことにはならなかった。

和馬の言葉に安心する玲奈。
でも、玲奈を抱きしめた和馬の表情に安心はなかった。
ゲームを終えてから、ずっと頭の中に響いてる声に抗ってんでしょうかね。
それとも、抗えずに玲奈の知らないところで殺人に手を染めてしまったのか。
あんな状況で幸せになるわけもないだろうに、どうするんだろうかねぇ。

ていうか、死んだと報道すればそれで事態が収拾するんか?
現実にいるということを知ることが大事らしいけど、
甲斐谷が動けばそんなのどうとでもなりそうな気がする。
でも、そんな甲斐谷はその報道を聞いて、
手を震わせてましたが、あれはどういうこった?

本当に中途半端な感じがしたなぁ。
何か続きそうな感じじゃなく、ちゃんと終わらせてほしかった。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャスト

☆来栖玲奈:山田優

☆浅野和馬:金子ノブアキ ☆清末功輝:勝村政信

☆崎坂芳夫:矢柴俊博 ☆秋山大介:吉家章人 ☆玉田圭吾:安倍康律
☆朝倉マリア:コトウロレナ ☆高見雪乃:麻倉みな

#01 ☆北川忠介:鈴木浩介
#02 ☆立原建夫:中村倫也
#03 ☆水島貞子:佐藤寛子
#04 ☆ミスターX:? ☆来栖玲子:朝加真由美
#05 ☆田中卓治:桐山漣 ☆近藤直哉:松尾敏伸
#06 ☆田口宗治郎:酒井敏也 ☆長岡太一:野間口徹
#07 ☆インテリ風の男:升毅 ☆岡田一夫:山口大地
#08 ☆インテリ風の男(川辺):升毅
#09 ☆竹村幸夫:丸山智己 ☆田所医師:神尾佑 ☆来栖玲子:朝加真由美
#10 ☆正体不明の男:升毅 ☆新津道雄:康喜弼 ☆竹村幸夫:丸山智己
   ☆田所医師:神尾佑 ☆馬淵純一:細田よしひこ
#11 ☆甲斐谷正憲:升毅 ☆新津道雄:康喜弼 ☆浜倉カヅキ:森山栄治
#12 ☆甲斐谷正憲:升毅 ☆浜倉カヅキ:森山栄治

公式HP

#01 | #02 | #03 | #04 | #05 | #06 | #07 | #08 | #09 | #10 | #11

トラックバック

TB*URL

VISION−殺しが見える女− 第12話(最終回)

『連鎖する悪意!2千人の殺人者死を導く女神の正体』 内容 甲斐谷(升毅)に誘拐された玲奈(山田優) 公開捜査を決めた警察上層部。 写真の公開により、街に殺人者があふれかえる

クリスティーナ(山田優)はドリー(クローン羊)のVISIONを見るか?

そもそも、映画「ブレードランナー」(1982年)は映画「卒業」(1967年)の焼き直しである。 ま・・・少なくともキッドはそのように考える。 「卒業」で主人公のベンジャミン(ダスティン・ホ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.