edit

氷菓 #12

『限りなく積まれた例のあれ』
えるが可愛すぎでしょうよw
めちゃくちゃ文化祭を満喫してるなぁ。

というわけで、文化祭が始まった。
だけど、古典部には問題が発生していた。
眠れない前日。
えるは神頼み。
摩耶花は不安でいっぱい。
里志は問題なんて関係なしにワクワクしっぱなし。
奉太郎も文化祭のことをそれなりには気にしてはいるのね。

というわけで、古典部に訪れた問題は「氷菓」の発注した部数。
30部のはずが、何がどうなったのか200部も届いてしまったそうな。
それを売りつくすためにはどうすればいいのか。
と、学校に来て早々悩むことになるわけですが。。。

里志の格好どうなってんだよw
何がしたいのか、サッパリだよ^^;

そんなこんなで、売り場を増やせばいいということに。
里志は文化祭の出し物に古典部の名前で出てアピールするのもいい、と。
というわけで、えるは委員長のところで交渉することに。
そこには里志もついていく。
で、奉太郎は店番。
一番楽なの選んだなw

で、摩耶花は漫画研究部の売り子になっているそうで、
こんなときにと申し訳なさそう。
でも、部数が多かった以外にも漫画研究部の方でも抱えてる問題があるみたいですね。
そんな摩耶花は漫画のキャラクターのコスプレをしてるらしい。
よくわかんないけど。
それに対して、他の部員が何か文句がありそうな感じ。
何があったんでしょうね。
そういう事情もあってか、「氷菓」を漫画研究部の売り場に置かせてほしい、
という風には言い出しにくいみたい。

そうして、始まった文化祭。
えるが本当に楽しそうでしたね。
でも、ちゃんと切り替えて委員長のところへと向かう。
が、途中で色々な誘惑に負けて寄り道。
それがまた可愛らしいですね。
しっかり満喫してから思い出すというねw

そんなこんなでようやくたどり着いた委員会の部屋。
でも、里志がいなかった。
里志は体育館に残って壇上の出し物を思う存分楽しんでいた。
この野郎w

でまぁ、結局一人で交渉したえる。
出店場所を増やすことは出来ない。
でも、他の部活動の出店場所に置かせてもらう、ということに関しては、
問題ない、と教えてもらう。

そして、その帰りも色々な誘惑に負けて思う存分楽しむえる。
前だけしか見えないメガネは落ちてないでしょうか?
落ちてないだろうねぇ^^;
ていうか、楽しんでいいと思うけどなぁ。
色々な出し物でちゃんと古典部のことをアピールすれば、問題なしでしょうよ。

しかしまぁ、書道の「米作りは土作り」って書いたときの満足そうな顔がいいねw
写真撮影のときは衣装を色々と来てノリノリでしたねぇ。

一方、部室に1人残る奉太郎のもとに初めてのお客さんが。
相手の格好に奉太郎が興奮してたけど、あぁいう格好に興味があるのかな?
で、そのお客さんは被服部の生徒で何に興味を持ったのか、
「氷菓」を買ってくれた。
愛想よくと笑顔を向けようとした奉太郎だったが、
どんまいw
めちゃくちゃ表情がかてぇw
そして、その生徒が奉太郎の万年筆に興味を持つ。
家を出る前に供恵さんからお守りと言って渡された壊れた万年筆。
ゴミだからとその人にあげることに。
服に合わせるものとしてフォーマルなもの探していたんだそうな。
でも、タダでもらうのは申し訳ない、と被服部の優先券のようなものをもらった。
里志にでもやるか、と思ったけど、里志なりのコンセプトがあるのだろうと却下。
結局、ゴミの万年筆から変わったのは奉太郎にとっては同じくゴミだった。

でも、わらしべ長者的な感じで変わっていくのかな?
ところで、供恵さんは文化祭にくんのかな?

そんなこんなで1部売れた「氷菓」。
文化祭はまだまだ続くが、
さてはてアカペラ部?のジュースがどうたらってのは、
何か話がつながってくるのかな?

次回も引き続き文化祭。

エンディングが新しくなりましたが、
ガラッと雰囲気が変わってこれはこれでいいですねぇ。
個人的にはこっちの方が好きだなぁ。

折木奉太郎:中村悠一
千反田える:佐藤聡美
福部里志:阪口大助
伊原摩耶花:茅野愛衣
折木供恵:雪野五月
遠垣内将司:置鮎龍太郎
入須冬実:ゆかな
糸魚川養子:小山茉美
十文字かほ:早見沙織
江波倉子:悠木碧
谷惟之:川原慶久
河内亜也子:浅野真澄
善名梨絵:豊崎愛生
善名嘉代:小倉唯
羽場智博:阿部敦
沢木口美崎:伊瀬茉莉也
杉村二郎:入野自由
山西みどり:小清水亜美
瀬之上真美子:広橋涼
勝田竹男:泰勇気
尾道先生;山崎たくみ

トラックバック

TB*URL

「氷菓」第12話

文化祭、開催… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201207090000/ 氷菓 限定版 第2巻 [Blu-ray]角川書店 2012-07-27売り上げランキング : 63Amazonで詳しく見...

氷菓 第12話「限りなく積まれた例のあれ」

クドリャフカの順番 (角川文庫)(2008/05/24)米澤 穂信商品詳細を見る  ついに神山高校の文化祭が開かれました。高校学園祭のにぎわう様子が、丁寧に描かれています。ここのあたり、さす...

氷菓〜12話感想〜

「限りなく積まれた例のあれ」 文化祭通称「カンヤ祭」の当日、姉が久々の登場でも顔はわからず。 奉太郎はそんな姉から万年筆をもらう。 里志のほっぺに手をつける摩耶...

氷菓 第12話 「限りなく積まれた例のあれ」 感想

カンヤ祭を満喫しよう―

氷菓 第12話「限りなく積まれた例のあれ」

えるちゃんは文化祭前夜にお参り。 3日間に古典部に幸運がありますように、山を越せますように... 登山でもするんでしょうか?(´▽`*) 氷菓のこともあって、古典部と因縁の...

『氷菓』 第12話 観ました

いよいよ神山高校文化祭のお話で、小説で言うと三冊目のお話、『クドリャフカの順番』のターンです。ここで一気に登場人物が増すので注意をしておかないと… あ、ちなみにキツネは

遂にカンヤ祭開幕! アニメ感想 氷菓 第12話「限りなく積まれた例のあれ」

楽しい楽しい文化祭、えるさん天使の笑顔

氷菓 #12 「限りなく積まれた例のあれ」

興奮と不安が入り混じりし文化祭  どうも、管理人です。やる気の波とやらなきゃならないことの量の比が見事に反比例しているわけですが、泣き言も言ってられんのです!(キリッ

氷菓 第12話 「限りなく積まれた例のあれ」

 顔は見えないが、ようやく姿を現した折木供恵。 奉太郎に使えなくなった万年筆を投げて寄越す。 なんでこんなものを奉太郎にあげるのだろう。 私、気になります。  販売

氷菓 第12話

「限りなく積まれた例のあれ」 どうか明日からの三日間私達に幸運がありますように …あの山を乗り越えられますように…

氷菓12話 カンヤ祭へようこそ!

氷菓の12話を見ましたよ。 いやー、よかったですね。 ホームズえると、 ワトスン摩耶花な!! 氷菓も折り返し地点を過ぎて 新しいエンディングアニ

氷菓 第12話 感想「限りなく積まれた例のあれ」

氷菓ですが、伝統ある文化祭、カンヤ祭が始まります。古典部ですが、文集を30部頼んだのに、間違って200部も来てしまいます。この大量に積まれた氷菓を、どうするかで奔走しますが、

2012年02クール 新作アニメ 氷果 第12話 雑感

[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第12話 「限りなく積まれた例のあれ」 #kotenbu2012 #ep12 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでど

(アニメ感想) 氷菓 第12話 「限りなく積まれた例のあれ」

投稿者・ピッコロ 氷菓 限定版 第1巻 [DVD](2012/06/29)中村悠一、佐藤聡美 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日夜11時からアニメ系ネット

氷菓 第12話 「限りなく積まれた例のあれ」

氷菓 第12話 「限りなく積まれた例のあれ」 <あらすじ>  陸山生徒会長の開会宣言によりいよいよ始まった「カンヤ祭」。せっかくの楽しい文化祭なのに古典部4人は浮かない顔。 ...

氷菓 第12話『限りなく積まれた例のあれ』感想

「どうか、明日からの三日間・・・私たちに幸運がありますように」 「『あの山』を乗り越えられますように・・・」 文化祭の前夜、神社に御参りをするえる。 彼女は文化祭の成功

氷菓~#12「限りなく積まれた例のあれ」

 神山高校1年B組の折木奉太郎(おれきほうたろう)は姉が所属していたものの、部員不在で廃部寸前な古典部に入部。 学校生活の中でおこる謎を次々と解決していく、第12話 文化祭...

氷菓 第十二話「限りなく積まれた例のあれ」

…皆さんは、 よく眠れているでしょうか…。  …今週もまた、幾度目かの「仮眠失敗」に見舞われましたが何か?  何か見透かされてるんじゃないか?!いきなりこんなセリフ言

氷菓 第12話「限りなく積まれた例のあれ」

古典部シリーズ、前回で『愚者のエンドロール』編が終わりましたが、今回から早速『クドリャフカの順番』編の始まりです。 OP無しで文化祭前夜のそれぞれの様子を描いたシーンから始...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

さとしは笑いまくりで本当この野郎wwって感じだけど
ちーちゃんも誘惑に釣られて楽しみまくりで文集12部売って終わりかよwwwって未来しか見えないw
EDは映像が特に作風に合ってる感じでいい感じでしたね

しみさんへ

返信が遅れてしまい、すみません。

里志もえるも本当に満喫してましたよね。
それが正しいことだと思うからいいんですけど、「氷菓」を売らないといけないですからね。
どれくらい捌けるのか^^;
前のは前のでよかったですけど、今回のエンディングは合ってましたねぇ。
探偵と怪盗で追いかけ追いまわされるというのが、見てて楽しかったですね。

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.