edit

ダーティ・ママ! #09

『子連れ刑事免職危機…さよなら、橋蔵』
最後のあれは見てる人を泣かせたかったのかね?

さてはて、警視庁に呼び出された高子。
記事のことを否定しなかった。
今度、記事になるようなことになれば辞めなければいけないことになる。
というわけで、動けないようにした。

が、そんな状況を利用したのは、
かつて高子が捕まえた犯人だった。

自分のことを友達だと偽って記者さんに近づき、
彼女に記事を書かせようとしたが、
本人に会いたいという彼女に、
やり方を変え彼女を拉致した。

青いキリンと書かれた匿名掲示板の書き込み。
それで誰なのかわかり、他の人達をうまく操作して現場へ。
葵には現場へ行かせないようにした。
妊娠がわかったために。

ツグミから語られた高子の過去。
橋蔵を自分のそばに置く理由。
先輩刑事の娘さんが逆恨みで殺されたからだったそうな。

その相手については白戸を上手く誘導して聞き出した。
2秒のキスだけだったそうな。
しかも、事故で。

それで彼氏だと言い張れる白戸さんすごいなぁ^^;

事件は高子のおかげで犠牲者を出さずに解決。
でもって、直に触れたことで高子のことをもう一度ちゃんと見てから、
記事を書くことを決めたそうな。

もうすでに書いてるのに、意味なくね?
世間に出ちゃってるのに、そこから別の考え方を書いたところで、
どうにもならんだろ。

そんな記事のせいで橋蔵が奪われた。

親権者としてふさわしくない。
ということで、親権を一時的に移行。
認知しようとしてない相手に何で移行できるのだろう?
謎。
父親をまず連れてこいよと思うのだが?

そして、何だろう。。。
心底どうでもいいと思ったラストです。

次回、最終回。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャスト

☆丸岡高子:永作博美 ☆長嶋葵:香里奈

☆佐々木卓也:上地雄輔 ☆大野道夫:佐藤二朗 ☆赤石平助:野間口徹
☆原正春:林泰文 ☆凛々:福本幸子 ☆丸岡橋蔵:池田翼・池田慧

☆ムツミ:加藤虎ノ介 ☆白戸一郎:安田顕 ☆深沢保:八嶋智人

公式HP

#01 | #02 | #03 | #04 | #05 | #06 | #07 | #08

トラックバック

TB*URL

ダーティ・ママ! 第9話

『子連れ刑事免職危機…さよなら、橋蔵』 内容 高子(永作博美)の違法捜査が、週刊誌に掲載された。 卓也(上地雄輔)の先輩・村上玲子(板谷由夏)の記事だった。 それが元で、高子は本庁の検察官・真島(升毅)から呼び出しを受けることに。 もう一度書かれれば、即...

ダーティ・ママ! (第9話 3/7) 感想

1/11から日テレで始まったドラマ『ダーティ・ママ!』(公式)の第9話『子連れ刑事免職危機…さよなら、橋蔵』の感想。なお、秦建日子氏の原作小説は未読。 もはや誰が脚本を書いてもダメか… 冒頭か...

ダーティ・ママ! 第9話の感想

日本テレビ系列で放送された「ダーティ・ママ!」第9話の感想ほかいつでも脱落OK!と思っていたのに、この第9話まで見続けましたぁ。ここまで来たら、次回は最終回なので見る予定です。この第9話は、今までの話の中で一番お気に入りのような気がします。コミカルな場面は

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.