edit

ラッキーセブン #06

『最初で最悪の案件』
やっぱり輝がいないと物足りないなぁ。

今回は2000件目の案件を終えた探偵社で起こった事件。
2000件目の案件の調査対象者が押し入ってきた。

が、唯一探偵社にいた筑紫さんは
閉じ込められてしまっていてどうすることも出来なかった。

駿太郎はテレビ局で真壁リョウから依頼される。
脅迫文が届いたそうな。
で、無事解決して、真壁リョウのヤル気も取り戻した。

輝すげぇw
履歴書の用紙から全部手書きって^^;
100円均一でも売ってるのに、何で?

そして、茅野ちゃんは履歴書ですらないw
何で論文?^^;
でもって、何でそれで就職できたのだろうか?w

結局、淳平さんが調べようとした
茅野ちゃんとお隣のコーヒーショップの店主さんの関係って何だったんだろう?

筑紫さんがなんとか一人で相手を落ち着かせようとしたが、
報告書を全部燃やそうとする対象者。
そのタイミングで駿太郎からの電話。
定期連絡だから出ないと怪しまれる、と言って電話に出させた。
そして、輝や苔丸の話をして駿太郎に怪しませて、
何かがおかしいということを伝えた。

それで、なんとか駆けつけて対象者と格闘。
最後はお隣で見ていたために駆けつけた淳平さんがライターをキャッチ。
しかしまぁ、あの回し蹴りは見事だったなぁ。

最初の案件。
それは最悪だった。
その時、筑紫さんは刺されてしまい、
対象者を犯罪者にしてしまった。

けど、今回はそうならなくてよかった、と。

次回、淳平さんがお見合い。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャスト

☆時多駿太郎:松本潤

☆新田輝:瑛太 ☆水野飛鳥:仲里依紗 ☆筑紫昌義:角野卓造

☆真壁リョウ:谷原章介 ☆桐原由貴:吹石一恵 ☆後藤将司:金田明夫
☆茅野メイ:入来茉里 ☆時多孝次郎:小山慶一郎 ☆時多百合子:岡江久美子

☆旭淳平:大泉洋 ☆藤崎瞳子:松嶋菜々子

公式HP

#01 | #02 | #03 | #04 | #05

トラックバック

TB*URL

ラッキーセブン 第6話

『最初で最悪の案件』 内容 新田(瑛太)が去ったラッキー探偵社。 ひょんな事から駿太郎(松本潤)は、13年前の設立時のアルバムを見つける。 駿太郎は、瞳子(松嶋菜々子)筑紫(角野卓造)に “最初の案件”について、訪ねると、、、、“最悪”だったという。 そん...

ドラマ「ラッキーセブン」第6話あらすじ感...

後は任せたぞ-------------。そう言い残し、ラッキー探偵事務所を去って行った新田。・・・って、本当にラスト2回出場とかそういう話になっちゃったのね・・・瑛太よ(^^;)まず、ス...

ドラマ「ラッキーセブン」 第6話 あらすじ感想「最初で最悪!の案件」

後は任せたぞ-------------。 そう言い残し、ラッキー探偵事務所を去って行った新田。 ・・・って、本当にラスト2回出場とかそういう話になっちゃったのね・・・瑛太よ(^^;) まず、スケジュールかぶせるようなやり方するなって話ですわ。 なんかこれって出?...

【ラッキーセブン】第6話

「ラッキーセブン」第6話       ほんとにほんとに簡単感想で。 ラッキー探偵社、記念すべき2000件目の依頼。 それは、よくある浮気調査だった。 で、ラッキー探偵社に無言電...

ラッキーセブン第6話 「最初で最悪の案件」

創業13年目2000件目の依頼(浮気調査)が終了。 しかしソレが、初めての依頼同様の 「最悪の案件」になろうとは思うよしもなかったのでした- 「私立探偵 真壁★リュウ」とのリンクもトホホなj件だったし 新田問題はやっぱ棚上げ!いや先延ばし・・!? 見事に姿を...

ラッキーセブン mission6:最初で最悪の案件

綺麗な回し蹴り!o(・ヘ・θキーック!!☆;゚o゚)/ やっと駿太郎が主役らしい活躍を見せてくれはしたものの、このキックが 綺麗に決まったのも、新田がジム通いをすすめてくれた成果だよな~とか思ってしまう で、駿太郎にキックを浴びたのは小林タモツ@飯田基裕。彼の浮...

ラッキーセブン (第6話 2/20) 感想

1/16からフジで始まったドラマ『ラッキーセブン』(公式)の第6話『最初で最悪!の案件』の感想。 なお、本作で感動した方や出演者のファンの皆さんは読むと不快になりますから、読まない方が良いです。...

凍てついた昼下がり(松本潤)

元ネタは「凍てついた夜」(リンダ・ラ・プラント)である。ちなみに女酔いどれ探偵ロレイン・ペイジ・シリーズ三部作の「序」である。この後は「渇いた夜」「温かな夜」と続いていく。シリーズを通じてドス黒い過去を持つ主人公が失意から再生していくという物語になってい...

ラッキーセブン 第6話の感想

フジテレビ系列で放送されたドラマ「ラッキーセブン」第6話の感想など。公式サイトからあらすじを引用します。ラッキー探偵社に無言電話がかかってきた。それを取った時多駿太郎(松本潤)は、気配から、かけてきたのは男だろうと言った。その後、探偵社には、注文していな

ラッキーセブン「最初で最悪の案件」 

はからずして、瑛太の抜けた穴は、とてつもなく大きかった、を証明してしまったようになりましたね (^^;) ラッキー探偵社、記念すべき2000件目の依頼は、浮気調査。それがハプニングになろうとは… まるで、最初の時と同様、立てこもり状態になり、今度は所長(松?...

ラッキーセブン 第6話

駿太郎(松本潤)は、早退していた飛鳥(仲里依紗)から電話でテレビ局に 呼び出される。 そこでは「私立探偵真壁リュウ」のイベントが行われていて、駿太郎の弟・ 孝次郎(小山慶一郎)と彼の息子・翔太(後藤奏佑人)もイベントのために 並んでいた。 飛鳥は駿太郎...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad