edit

ストロベリーナイト #04

『過ぎた正義』
今回は葉山が玲子の下について間もない頃の話。
國奥先生から届けられたラブレター。
亡くなった2人の関係性。
事件性はないということだが、
これが偶然とは思えないとのことだった。

そんな中で起こった殺人事件。
殺したのは未成年。

亡くなった2人もまた少年法や刑法によって、
したことの罪の重さのわりに刑が軽かった。

そして、調べ始めた姫川班ですが、葉山だけはそれに参加しなかった。
最初は玲子も何なの、あれ、って思ってたのですね^^;
それが変わったのはこの事件てことになるのかな?

しかしまぁ、葉山の中にあるあの女性は誰なんだろうか?
それが玲子を認められない理由でもあるみたいですけどね。
守られるべき女性が何でこんな危ないところにいるのか、と。
勝手に守られるべきって言うのはどうかと思うけどね^^;

葉山の中に過去の何かがあるように、
玲子にもまたありますからね。

どうなっていくのか、気になるところです。

調べた始めた姫川班。
その中で3人目が亡くなった。
そして、共通点がようやく見つかった。
3人を捕まえたのが同じ人だった。

しかし、彼のデータへのアクセスが出来なかった。
彼は刑事を辞めていた。
息子が人殺しをしたという責任をとって。

そんな彼のことを調べようと一緒に捜査したことのあるガンテツのもとへ。
ガンテツも嫌う倉田という元刑事。
彼の信念は人を一人殺したのならば、自分の命で償うべき。

そして、さらに調べた結果。
彼の奥さんは殺されていた。
息子が殺した女性の父親によって。

そうして、通いつめた刑務所。
ようやく倉田と出会うことが出来た。

証拠はない。
でも、動機はわかった、と玲子。

正義が全くなかった、というわけではない。
でも、自分を追い詰めるために3人を殺した。
決心を鈍らせないために。
自分の手で自分の息子を殺めるために。
更生している息子を見てしまったら決心が揺らいでしまう。
だから、塀の前まで来て引き返していた。

3人の事件を立件することは出来ないかもしれない。
でも、息子さんは守りたい。
そして、そのことであなたも守りたいと思っています。
それが、私の正義です。

係長からの電話。
その中で離れていく倉田。
その口は玲子に何と言ったのか。

次回、玲子は一連の事件をどう解決していくんだろうなぁ。

にしても、何で係長はあんなに関わるなとしつこく言うんだろう?

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャスト

☆姫川玲子:竹内結子

☆菊田和男:西島秀俊 ☆葉山則之:小出恵介 ☆石倉保:宇梶剛士 ☆湯田康平:丸山隆平
☆姫川瑞枝:手塚理美 ☆姫川忠幸:大和田獏
☆國奥定之助:津川雅彦
☆橋爪俊介:渡辺いっけい ☆日下守:遠藤憲一 ☆今泉春男:高嶋政宏 ☆井岡博満:生瀬勝久
☆勝俣健作:武田鉄矢

公式HP

#01 | #02 | #03

トラックバック

TB*URL

ストロベリーナイト 第4話 過ぎた正義

『過ぎた正義』 内容 在庁勤務時に、玲子(竹内結子)は 倉田英樹と面会するため少年刑務所を度々訪れていた。 しかし、断られ続けていた。 そんなある日のこと、英樹の父・修二(杉本哲太)を見かけ声をかける。 吾妻照夫、大場武志、安井五郎の3人が亡くなった意見を...

ストロベリーナイト 第4話「過ぎた正義」感想

正義ってなんなのか。 重い話だよ~(⊃Д`。) 最後クチパクなんて言ったんだろう?(。-`ω´-) 精神鑑定や少年法で守られた犯人の、連続した不審死。 軽い刑で野放しにされた再犯の恐れのある犯人を、まる...

ドラマ「ストロベリーナイト」 第4話 あ...

今回は葉山が新人としてやってきた頃のお話から、現在に至るまで引っ張ってる事件のよう。スパンが長い話なので、一瞬時間軸とか分からなかったわ。倒置法のような見せ方だったから...

ドラマ「ストロベリーナイト」 第4話 あらすじ感想「過ぎた正義」

今回は葉山が新人としてやってきた頃のお話から、現在に至るまで引っ張ってる事件のよう。 スパンが長い話なので、一瞬時間軸とか分からなかったわ。 倒置法のような見せ方だったから、まず「倉田」って誰?から始まった感じだし。 3年前の女子高生3人を暴行監禁し...

ストロベリーナイト 第4話:過ぎた正義

本当に倉田の犯行?( ̄~ ̄;) う~ん そしてその過ぎた正義感ゆえ、殺人を犯した自分の息子までも殺そうとしてるらしい 前回の事件も最初は勇み足で、犯人では無い人物に任同かけてしまった姫川なので 今回も思い込みの捜査で突っ走らなければいいけど・・・ だけど、心...

「ストロベリーナイト」第4話 犯人がわかってもなお面白い

「ストロベリーナイト」第4話、今回も2話完結ものだったけど、話がさかのぼって、 小出恵介さんが配属される所から描写してくれる、という親切がうれしいではないですか。 少し斜にかまえて、上司・竹...

【ストロベリーナイト】第4話

「過ぎた正義」 少年法や刑法で守られた犯人は、生きる資格があるのか? 「ストロベリーナイト」第4話           葉山が捜査一課の姫川の元に配属されて来た日、姫川班は、過去に...

ドラマ「ストロベリーナイト」 第4話 過ぎた正義

ストロベリーナイト (光文社文庫)(2008/09/09)誉田 哲也商品詳細を見る それが警察官である私の正義です。 姫川玲子(竹内結子)は在庁勤務時、少年刑務所をたびたび訪れていた。目的は、収監されている英樹と面会することと、彼の父、倉田修二(杉本哲太)に会うこと...

ストロベリーナイト 第4話の感想

フジテレビ系列で放送の「ストロベリーナイト」第4話の感想など。過ぎた正義公式サイトから、あらすじを引用します。姫川玲子(竹内結子)は在庁勤務時、少年刑務所をたびたび訪れていた。目的は、収監されている英樹と面会することと、彼の父、倉田修二(杉本哲太)に会う

ストロベリーナイト 4話 感想 杉本哲太

「ストロベリーナイト」第4話「過ぎた正義」の感想いきまっすv ネタバレ要注意☆ 少年刑務所の外で倉田修二(杉本哲太)と出会う玲子。 ノリが玲子の下に配属された三ヶ月前、監察医の國奥から届いたラブレターが、玲子が倉田に話を訊きたい理由。 コンビニ前の少年?...

ストロベリーナイト「過ぎた正義」

またまた、続きパターン、なのですね。 未成年による、再犯性のある凶悪事件… 未成年であるがゆえ、法に守られ、ごく僅かで出てくる理不尽さ。「ならば、私が(天誅!)」なキモチも心情的には分かるし、状況証拠は真っ黒だけど いかんせん、立証するものがぁ… ...

ストロベリーナイト (第4話 1/31) 感想

1/10からフジで始まったドラマ『ストロベリーナイト』(公式)の第4話『過ぎた正義 1』の感想。なお、誉田哲也氏の原作小説はすべて未読。 今週の「次回も観ろ作戦」はマシだった? 前回まで、強...

ストロベリーナイト 第4話~竹内結子 vs 杉本哲太 塀の外の緊迫!

『ストロベリーナイト』第4話 過ぎた正義 じっくりと丹念に描かれた『過ぎた正義:前編』 もしかすると、今回はテンポが無いという見方もあるかもしれないけど、場面場面に陰影があって、小生は”納得の出来栄え”だと感じました。 -◆- 監察医・國奥(津川雅?...

「ストロベリーナイト」第4話

天罰を、与える… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201310004/ ストロベリーナイト Blu-ray 誉田哲也 ポニーキャニオン 2012-02-24 売り上げランキング : 810 Amazonで詳しく見る by G-...

ストロベリーナイト【視線】

 ども。西島さんの視線に、なんだかドキドキしてしまうすももです。 さて、このドラマ、結構好きです。まじめに作ってあると思うし、キャラクターもみんなが泥臭くていい。誰が ...

ストロベリーナイト 第4話

姫川玲子(竹内結子)は、在庁勤務になると少年刑務所を度々訪れていた。 彼女の目的は、収監されている英樹と面会すること、彼の父親・倉田修二(杉本哲太) に会うことだった。 玲子は英樹との面会を断られて帰ろうとした時に、少年刑務所の外で倉田修二と 出会う。...

「ストロベリーナイト」 第四話 過ぎた正義 その1

 う~む・・この内容の濃さ・・役者の演技レベルの高さ、SPドラマ並の充実感スョ・・・  今回は特に脚本、演出ともに冴え渡っていたような・・・( ̄ー ̄)b  話は葉山(小出恵 ...

リーチしてんじゃねーよ

DA PUMP消された!て言うか、DA PUMPだったのかよ今のメンバーは、ISSAしか知らんし犯人が丸分かりで、ミステリー要素ゼロながら豪華キャストと雰囲気作りのおか...

リーチしてんじゃねーよ

DA PUMP 消された!て言うか、DA PUMPだったのかよ今のメンバーは、I

「ストロベリーナイト」第4話

三人の変死者の共通点。 第4話『過ぎた正義①』ネタバレです。 シンメトリー (光文社文庫)誉田 哲也光文社 by G-Tools

『ストロベリーナイト』 第4話「過ぎた正義」

 今回は、少年法や心神喪失などによる責任能力の無いことによる無罪や刑の軽減に関する不条理が根底にある。  ただ、これをテーマとするのなら、姫川班が事件を「こんな美味しいヤマ」と表現したことに、どうしても引っ掛かりを感じてしまう。  それはさておき、今回...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad