edit

べるぜバブ #52

『そして不良は誰もいなくなりました』
季節外れの寒波。
学校は猛吹雪に包まれた。

カズたちが知らせに来てくれたが、
本来は休校だった。
そりゃまぁ、あの吹雪だもんなぁ^^;
マジで誰か連絡してやれよw

吹雪に閉じ込められた学校。
そこで事件は起きる。
1人、また1人と不良たちが倒されていく。

その倒される光景は聖石矢魔に伝わる数え歌にそっくりだった。

さらに不良たちは倒されていく。
先回りをしても意味はない。
いつの間にか誰かがやられてしまう。

そして、男鹿も眠らされてしまう。
ていうか、あれはアホとしか言いようがないないな^^;
スーパーミルクタイムの後遺症で入れ替わっても、
ベル坊の中身は男鹿なんだから、しゃべっても意味ないだろうてw

そうして、残ったのはベル坊と女生徒だけとなった。
そこで犯人が明らかとなる。

コマちゃんかよ。。。

くだらねぇ^^;

何でヒルダは学校行かなかったんだろう?
って思ってたけど、コマちゃんの仕業にしたかったからなのかな?
ヒルダなら魔力に感づくだろうし。

次回は二本立て。

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.