edit

境界線上のホライゾン #07

『武蔵の騎士』
直政とネイトは正純についた。
見極めるためにあえて。

3対3で戦うことで決めるんだそうな。

トーリの肩の傷はいつついたものなんだろ?
ていうか、すっぽんぽんで何で出てきたw

直政なんかすごいの使ってるなぁ。
あれで寄せ集めってすごいなぁ。

で、その相手がシロ。
それはトーリの恨みが込みで。
大事な一戦でダメじゃね?w
けど、シロはその戦いにふさわしい人だったみたいですね。

金の力で術をやり取り。
150名の警護隊の力を一点に集中。
それで直政が使っていたものと同等程度の力を得られるんだそうな。

戦いの中でシロは言う。
武蔵は飛び続けることで金が集まり、戦うことが出来る。

シロの勝利で決着となる。

物件を買い取った。
人口密集地。
でも、今はそこから離れようとする人がいる。
だから、買うことが出来た。
そして、誰もいないそこに直政を誘き寄せた。

最初に街を守るようにしたのは本当だけど、
こうするためのフェイクだったのなぁ。

次はネイト。

ネイトが相対する意味。
騎士は民を守るもの。
ならば、そこにあるのは。。。
ってことで、鈴が相手となった。

でも、ネイトも鈴が出てきた意味に気付き騎士であることを返上しようとした。
それはつまり武蔵は戦えなくなる。

しかし、鈴がドジを発動してネイトの宣言は途中で終わった。
鈴は負けたがネイトはトーリの側へ。

しかしまぁ、胸を揉めばいいって。。。
それで止まるもんでもないだろ^^;

1勝1敗。

残るは正純。
相手はトーリ。

討論で対決。

後攻が有利ということを知らず先攻を選んだトーリ。
でも、その後で提案したことを聞く限りわかってて先攻選んだんじゃね?
と思った。
先に言わないとインパクトないしねぇ。

ホライゾンを救いに行くことで何が得で何が損なのか。

こっちは、、、
やっぱホライゾン救いに行くのやめね?

えっ?
いや、こっちがえっ?だよw
トーリの考えが全くわからん^^;

次回はいよいよホライゾンを助けに動くのかね?
けど、やめね?
って言ったわけで、どうなるんだろ。

葵・トーリ:福山潤
ホライゾン・アリアダスト(P-01s):茅原実里
本多・正純:沢城みゆき
トゥーサン・ネシンバラ:田村睦心
シロジロ・ベルトーニ:子安武人
ハイディ・オーゲザヴァラー:名塚佳織
点蔵・クロスユナイト:小野大輔
キヨナリ・ウルキアガ:黒田崇矢
マルゴット・ナイト:東山奈央
マルガ・ナルゼ:新田恵海
ネイト・ミトツダイラ:井上麻里奈
直政:真堂圭
葵・喜美:斎藤千和
浅間・智:小清水亜美
向井・鈴:悠木碧
アデーレ・バルフェット:大橋歩夕
ノリキ:平川大輔
東:森永理科
ミリアム・ポークウ:又吉愛
伊藤・健児:宮下栄治
御広敷・銀二:白石稔
ネンジ:平川大輔
ハッサン・フルブシ:小野大輔
ペルソナ君:?
オリオトライ・真喜子:白石涼子
三要・光紀:清水愛
酒井・忠次:楠大典
“武蔵”:中原麻衣
ヨシナオ:真殿光昭
本多・正信:高田裕司
小西:こぶしのぶゆき
青雷亭(ブルーサンダー) 店主:山田みほ
松平・元信:速水奨
本多・忠勝:楠見尚己
鹿角:新谷良子
本多・二代:小林ゆう
インノケンティウス:中田譲治
ガリレオ:小山剛志
立花・宗茂:杉田智和
立花・(ぎん):寿美菜子

トラックバック

TB*URL

境界線上のホライゾン 第7話 「武蔵の騎士」 感想

さて本人のあずかり知らぬとこで不信任が進み 行っても行かなくても他国に対して姿勢を示せるという事を思いついた生徒会に振り回される正純の苦難の幕開けです 彼女とは妙な親近感を覚える きっとこの世界のツッコミ役だからだろう(U^ω^)!

境界線上のホライゾン 7話「武蔵の騎士」感想

原作読まないと分からない。 本当にそんな状況に陥ってきました。 トーリの最後の言葉を筆頭に謎が多過ぎる・・・。

境界線上のホライゾン 第7話 「武蔵の騎士」 感想

「境界線上のホライゾン」  第7話 「武蔵の騎士」 の感想記事です。   ホライゾンの命運を懸けた3番勝負。   トリはモチロン、トーリ!   あれ? トリはトーリ・・・ ふぅ・・・

境界線上のホライゾン 7話

少年漫画的三本勝負!知っているのか雷電!! 定番のチームバトルを、この世界観に合わせて上手く料理してるなぁ。面白い。 交渉戦という、そのアイデアだけで感心させられた。 込み入った設定に溺れて、自...

境界線上のホライゾン 第07話 『武蔵の騎士』

シロジロ格好いいよシロジロ。生徒総会でトーリを武蔵側、正純を聖連側として三本勝負することになりました。前者が勝てば抗戦し、後者が勝てば降伏という流れです。こちら単なるバーチャル闘争というだけではありません。聖連側の直政は武蔵の機関部代表として、ネイトは...

境界線上のホライゾン 第7話「武蔵の騎士」 感想

安心なさい私を誰だと思っているのです 聖連側の代表である正純達と武蔵・アリアダスト教導院側のトーリ達は相対勝負をすることに。 それぞれのやり方でトーリ達の覚悟と力を試す直政とネイト。 1勝1敗で迎えた最後のトーリと正純の討論対決でトーリの衝撃の一言が波乱...

境界線上のホライゾン 第7話「武蔵の騎士」

ホライゾンを救いに行くのは聖連の意向に逆らい全面戦争となる。 正純たちは聖連に抗う力があるのか見定めるためにトーリたちと相対する…。 この状況を作り出すまでずいぶん話数を使ったけど。 いざ対決(...

境界線上のホライゾン 7話 相対場の望み

いい加減同じようなこと自明のことばかり言っててアレなのでアレな感じで手っ取り早く書きましょう。 ■立ち位置だったり手を取ったりしたかったりしてほしかったり 今回象徴的だったのは2点、トーリ側...

水上清資の脚本ではもう2度と見たくない・・・境界線上のホライゾン 第7話「武蔵の騎士」

この場合のクレームの宛先って、サンライズでいいんですかね? 少し大人気ないとは思うのですが、BD予約入れてますからユーザーとして権利主張してもいいよねというのと、なにより2期で水上清資を起用されるのは1度たりとも真っ平ゴメンですからね。 名前でググったらシリ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

>トーリの肩の傷はいつついたものなんだろ?
十年前の事故の時、ホライゾンと一緒に馬車にひかれました。
「自分だけ死ななかった」というのもトーリの負い目になってるみたいです。

スリングさんへ

トーリは一緒に轢かれてたんですかぁ。
そういうことなら色々な想いがより強くなりますね。

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.