edit

べるぜバブ #40

『刺客は客ではありません』
神崎と姫川イイヤツだねぇw
ていうか、本当に仲がいいな^^;

ヒルダは日頃の感謝をということで、
男鹿のお母さんと一緒に料理に挑戦。
でも、魔界の食材を使ったために台無しに。

ということで、男鹿と二人で買い物へ。
そこまで、お母さんの作戦のうちだったみたいですね。
そんな途中で葵とばったり。

葵は悪魔は何を食べるのかと聞く。
それまで悪魔のことを調べていたが結局何もわからなかったために、
直接聞くことにしたみたいですね。
でも、出馬には首を突っ込まないように、と釘を刺されてたのにねぇ。
でもって、何で聞くのが何を食べているのかなのか^^;
他にもっと聞くべきことあるだろうて。
ていうか、学校の図書館で悪魔のことがわかったら逆に怖くないかい?

葵と別れた男鹿とヒルダ。
しかし、その直後に何かを感じ、
目の前に現れたのはベヘモット34柱師団の1人、ヘカドスだった。

しかも、別れたばかりの葵を連れて。
人間との契約をするために葵を利用しようとした。
ヒルダはそれだけはなんとか防ごうと男鹿と協力することに。

ところで、男鹿とベル坊は血の契約は本当の所したのかね?

男鹿が気を引き、その間にヒルダが葵を助ける。
が、ヘカドスの狙いはヒルダだった。
葵はあっさり助けられたが、ヒルダがヘカドスの手により倒れる。

一方、東条と出馬の戦い。
出馬は本気として悪魔の力を出した。

さてはて、次回出馬たちの方も戦いが始まるわけですが。
予告うっせぇw

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.