edit

それでも、生きてゆく #11 最終回

『光の方に向かって…』
じわじわ来るものがあった。
ただ、何かもったいないとも思った。
まぁ、何も終わってないし、これからが始まりでもあるから
終わった感じが全くしない、
ってのもあるんでしょうけどね。
もうちょっと、ちゃんと話を拾ってほしかったと言うか、
見せてほしい部分が色々と残ってた最終回な気がしました。

最後もちょろっと出てきた五月。
あの出番は必要なかったと思うんだけど^^;
最初の出会いだけで出番は十分だったと思うなぁ。

さてはて、亜季ちゃんのお墓参り。
そこには双葉たちもいた。
響子さんが来てもいいと言ったそうな。
前回の時に言ったんでしょうけど、
言ったことってそれだけだったんだろうか?

その後は洋貴と双葉で二人で話す。
響子さんが気をつかって、耕平のところにいったらしい^^;

そして、洋貴は昨日のことじゃなく、
明日を一緒に見ていく、
そんな関係になりたい、と。

自分も思っていた。

でも、双葉が出した答えは違った。

悠里ちゃんのお母さんの代わりになる。
加害者の妹だから。
全てを受け止める覚悟で。
お母さんが目覚めるまで一生守る。

延命治療をやめたというのを聞いたときに流していた涙。
あれを見て、決めたんですかね?
それとも、最初からそうしようと決めてたんだろうか?

それを聞いた洋貴はデートをしませんか?と。

二人でのデート。
楽しそうでしたけど、所々でやっぱり楽しみきれてない感じがあったなぁ。
そりゃまぁ、当然なのかもしれないけど。

その帰り。

洋貴の話をする二人。
思い出して涙が流れる双葉。

泣き止んだ双葉は洋貴とお別れを言う。
手を振って。
でも、洋貴はそれに対して何の反応もしなかった。
何で手を降ってるのに、と近づいていく双葉。

そんな双葉を抱きしめる洋貴。
こういうことしてほしいと思ってました。
嬉しい。
足踏んでます。
うぇっw
洋貴も初めてしたことでしょうから仕方がないだろうけど、、、
気付こうよw
かなりガッツリ踏んでたよね^^;

そのままキスに流れない二人の関係がすごくいいって思いました。
キスしてたら確実にしらけてたしね^^;

このときの会話すっぽり抜けてる^^;
抱きしめたときに洋貴が足を踏んだりするからだw

そして、二人のそれぞれの道へ。

洋貴は文哉に会いに行く。
その前に駿輔さんに会って何かを渡される。
それは文哉のお母さんの写真だった。

文哉がお母さんの写真を探していたのは、
顔を思い出せなくなっていたからだったんですね。
そして、駿輔さんが来たときにそれを伝えた。
駿輔さんにとってそれだけが希望だった。
最後に頼ってくれたことだけが。

そんな駿輔さんに洋貴は父親の時計を渡した。

洋貴と文哉の面会はほとんど話をしなかったみたいですね。
妹はどうしてる?
その問いに対する答え。
彼女はもうお前の妹じゃないよ、と。

俺のせいじゃない。

文哉は言う。

けど、お母さんの写真を見せると文哉は涙を流した。

そんな文哉の涙に合わせるように夕立が。

最後の二人のやり取りってそういうことなの?
本当は互いに手紙を出してないってことなの?
木に結びつけて、届くことのない手紙を書き続けてる。
そういうことなの?
なのに、何であんなに互いの気持ちが届いてるんだよ。。。
そんなに想い合ってるのに何でなんだよ。。。

そして、洋貴のやり残したこと。
1996年のレンタルビデオの返却。
延滞料云々より、まだそのお店が残ってたことにビックリした^^;

何年かかってもいい。
二人が再会する日が来てほしい。
それだけを願うねぇ。

役者さんたちが本当に素晴らしい作品だったと思うなぁ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャスト

☆深見洋貴:瑛太 ☆遠山(三崎)双葉:満島ひかり

☆雨宮健二(三崎文哉):風間俊介 ☆日垣(深見)耕平:田中圭 ☆草間真岐:佐藤江梨子
☆遠山(三崎)灯里:福田麻由子 ☆日垣由佳:村川絵梨 ☆藤村五月:倉科カナ
☆臼井紗歩:安藤サクラ

☆深見達彦:柄本明

☆日垣誠次:段田安則 ☆草間五郎:小野武彦
☆遠山(三崎)隆美:風吹ジュン ☆三崎駿輔:時任三郎 ☆野本(深見)響子:大竹しのぶ

公式HP

#01 | #02 | #03 | #04 | #05 | #06 | #07 | #08 | #09 | #10

トラックバック

TB*URL

それでも、生きてゆく 第11話(最終回)光の方に向かって…

『光の方に向かって…』 内容 洋貴(瑛太)双葉(満島ひかり)の目の前で文哉(風間俊介)は、警察に出頭。 しかし、全く反省している様子がない兄・文哉を見て、 殴りかかった双葉は後悔していた。 あのとき、、、自殺を図った文哉を助けなければ良かったと。 だが、そ?...

ドラマ「それでも、生きてゆく」第11話(...

それでも、生きてゆく---------。今期、一番続きが気になったドラマの最終回。初回を見たときは、重いテーマを取り扱う作品だなぁという感覚くらいしかなくて、視聴者を選ぶ作品だけど...

ドラマ「それでも、生きてゆく」 第11話(最終回) 感想「光の方に向かって…」

それでも、生きてゆく---------。 今期、一番続きが気になったドラマの最終回。 初回を見たときは、重いテーマを取り扱う作品だなぁという感覚くらいしかなくて、視聴者を選ぶ作品だけど、ちゃんと受け止めて、描ききれば、すごい作品になると思ってました。 結...

それでも、生きてゆく 最終話:光の方に向かって…

こう来たか・・・(へ ̄|||| )ウーム・・・ 被害者家族と加害者家族の二人。結ばれたら結ばれたで複雑な気持ちになるだろうけど こうゆうのもキツいなぁ。 双葉との未来を思い描いてたらしい洋貴だけど、双葉は悠里のお母さんに なる事を決意してたんですねー。 洋貴を...

【それでも、生きてゆく】第11話 最終回

ずっと一緒にいられたらいいな、って思って。 遠山さんと一緒にいられたらなって。 どんな昨日とかじゃなくて、どんな明日を見てるかで話ができたらなって。 私もそうなったらいいなって思ってました...

それでも、生きていく 最終回

よかったです。思っていたラストとはちょっと違ったけどよかったです。双葉とヒロキに

それでも、生きてゆく 第11話(最終話)「光の方に向かって・・」

第11話(最終話)「光の方に向かって・・」 JUGEMテーマ:エンターテイメント

それでも、生きていく~あなたが誰かと繋いだその手の先で誰かがあなたの手を繋ぎますように

★「私が誰かと繋いだ手のその先で、誰かがあなたの手を繋ぎますように」  「つないだ手に込めた思いが届きますように」  「朝日を見てまぶしくて遠山さんの今日一日を思います」  「こうして朝日を見てると、どうしてか深見さんも同じ朝日を見てる気がします。いつも...

「それでも、生きてゆく」最終回 長く心に残る最高のドラマ

「それでも、生きてゆく」、ついに終わってしまった、でもなんか中途半端な終わり方だった。 風間俊介さんが逮捕され、瑛太さんと満島ひかりさんは、やっと普通のデートをして思いを伝え合う。 普通に楽...

それでも,生きてゆく

最終回の感想 

「それでも、生きていく」 第11話(最終話) 光の方に向かって・・・

 まぁ、この二人らしい最終回だったような・・・ 終わってみて、この物語は文哉でもなく、響子でもなく、やっぱり洋貴と双葉のものだったんだな~と再確認したという・・・   ...

「それでも、生きてゆく」第11話(最終話)「私的に、だいぶ嬉しい」双葉(満島ひかり)

それでも、生きてゆく 第11話(最終話) 釣り船屋に藤村五月(倉科カナ)がやってきた。 文哉(風間俊介)が拘置所に移送され、責任能力アリと判断されてヨカッタと口にします。 しかし洋貴(瑛太)は「もう終わったんです」 何と申しますか、倉科カナは、気の毒?...

『それでも、生きてゆく』 最終回

互いに思いを寄せながら、最後のデートをする洋貴と双葉に涙し、息子の気持ちを分かってやれない不甲斐なさに涙する駿輔に貰い泣きし、長い髪の女性が笑顔で愛おしいそうに我が子を抱く写真…それが母に抱かれる自分だと分かった文哉が泣き崩れる姿に涙腺崩壊。終始静かに...

それでも、生きてゆく

 ども。すべてが終わって、登場したすべての役者さんたちの演技が素晴らしかった、と思ったすももです。 役者さんたち、素晴らしかったと思います。特に、満嶋ひかりさん。彼女 ...

それでも、生きてゆく【第11回(最終回)】フジ木10

光の方に向かって…  「忘れられるかどうか、想像してみました。忘れられないと思いました。忘れていいかどうか、考えてみました。忘れたらいけないって思いました」by遠山双葉(満島ひかり) あれ…、なんでだろう…、涙が…、涙が止まらない…。洋貴(瑛太)と双葉の恋愛...

それでも、生きていく 最終回

一応録画を撮っておいて見てました。 最終回うまくまとめたな。って気もしないでもない。 双葉があみちゃんだっけ?あの女の子の母親かわりとして 住み込みで働く。って言った時は、 「は?」って思った。 いやいやいや。確かに気持ちはわからんでもないけど 現実問題?...

それぞれの家族

ドラマ「それでも、生きていく」を見ました。 フジにて 木曜10時にやってました 非常に重い、 加害者家族と被害種家族の関係 じっくり、しっかりと描かれていく 映画のような重厚さありましたね ここで終わるかぁと 思ってしまう 1時間でのストーリーの巧さが光ります...

【TV】『それでも、生きてゆく』

  脚本:坂元裕二 音楽:辻井伸行 プロデュース:石井浩二 出演:瑛太、満島ひかり、風間俊介、田中圭、段田安則、小野武彦、    佐藤江梨子、柄本明、風吹ジュン、時任三郎、 ...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

せーさんへ

最終回良かったですねぇ。
エピローグの夢を見るというのはすごいですね。
ハッピーエンドというにはちょっと複雑ですけどね^^;
本当に楽しませてもらったドラマだと思います。

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad