edit

WJ 34号

今週号のジャンプ

以下ネタバレあり
ONE PIECE
メガロが全てを見ていた。
それを事件から数年後にこっそり教えてくれた。
けど、それを誰にも言わなかったのは、
誰かに言えばホーディをその誰かが恨んでしまうと思ったから。
オトヒメ王妃は自分を殺したのが誰であろうとも恨んではならないと約束した。
だから、しらほしは自分1人で何年もの間抱え続けてきた。
素直で、そして、とても強い子ですね。
メガロが言う相手として選んだのはそういうことをわかった上でだったんだと思う。
そして、しらほしがした選択はジンベエが言うように間違ってない。
国民はシャーリーの占いのルフィたちが壊すものとして現れるのが今であってほしいと声を上げて叫ぶ。
ネプチューンのピンチにしらほしはルフィに助けを求める。
メガロに異変。
そして、現れたのはルフィだった。
一味全員が集結。
敵か味方か、お前らが勝手に決めろ。
最後の宣言カッコイイですね。
ていうか、メガロがずっとかわいそうでならないw
まぁ、しらほしのサイズに比べたらなんのこっちゃないけどさ^^;
また腹の中に人を入れさせれてたとかw
メガロは鞄じゃないんだからやめたげて^^;

鏡の中の針栖川
犬かい(;´Д`)ノ
鏡を持ちだしたのは男子生徒だったわけですが、
すぐに落としたらしい。
あのサイズの鏡を落として気付かないとか、
おかしいとは思うが、そんな鈍い人間なら面白いことなんてしなくてよかったかもしれないですね。
一瞬で終わってたと思うぞw
というわけで、正体がわからない針栖川はなんとか真桜に伝えて犯人捜索へ。
その前には真桜が咲に針栖川のことを確認。
だけど、いなくなったことに怒ってる咲に戸惑う。
咲の方は自分は親友だからね、と念を押す。
念の押し方がわざとらしいぞ^^;
針栖川は真桜の下着を見られるのが許せない。
そんなことを言われてドキッとする真桜ですが、それどころじゃなく真意は確認出来なかった。
そして、次に狙われたのが咲だった。
真桜は足を上げている咲に飛びついた。
何か咲嬉しそうでしたねw
でまぁ、結末は犬だったと。
いや、犬はいいんだけど。
何でダンボールの中に入ってたんだ^^;

べるぜバブ
何かコマちゃんかっけぇw
ていうか、その格好でコマちゃんとかどうなのよ^^;
古市たちは悪魔野学園へ潜入。
昇降口が1箇所開いていたんだそうな。
そんなの罠以外の何ものでもないやんけ。
でまぁ、ベヘモット柱師団の柱将3人がお出迎え。
アギエルの格好すごいな^^;
襲われかけた寧々を助けたのは葵だった。
何か普通の人には見えないようにされてたらしいけど、
コマちゃんのおかげで見えるようになったらしい。
葵とコマちゃんコンビの初陣はどんな感じになるんだろうなぁ。

バクマン。
こりゃ、明らかに七峰だね。
アイデアを考えて、それをベテラン作家に渡してる、もしくは売ってる。
ってことなのかな?
それに戦力外通告をうけた新井先生も参加。
他の少年誌で描いていた作家さんもジャンプに持ち込み。
東先生の読み切りはぶっちぎりの1位になったらしく、
短期集中連載が決定した。
七峰はジャンプをどうしたいんでしょうね。

NARUTO
やっぱりこの二人は強いですねぇ。
特にイタチの幻術がやっかいだね。
イタチとナルトはサスケのことで互いに確認。
マダラの言っていたことは真実。
そして、サスケのことをお前に託してよかったとイタチ。
長門は弟弟子の成長がうれしそうでしたね。
口寄せした後のナルトの反応いいねw
さて、ナルトはきっちり幻術にかかったっぽい?
九尾が起こすのかな?


次号、いよいよHUNTER×HUNTERの連載が再開。
楽しみだけど、今回は何週続くでしょうねぇ^^;
何週続くよりその後に一体何ヶ月休むつもりなのかが気になるところではあるけどね。
とりあえずは、後のことは考えずに連載を楽しもうと思いますよ。

トラックバック

TB*URL

ジャンプ34号感想

ジャンプ34号ネタバレ感想 JUGEMテーマ:漫画/アニメ

Wジャンプ34号感想

ネタバレ注意・・・・ってほど書いてないです取りとめのない感想のみでwww銀魂は後ほど~~~~~表紙・巻頭カラーはこち亀実写の映画が公開なんですか勝鬨橋を上げる両さんたち...

週刊少年ジャンプ2011年34号・感想♪

表紙・巻頭は「こち亀」。 両さんより目立ってるよ、香取クン。 本編は、「勝鬨橋上げろ!」、両さん無茶やる~(^^; でもこういうのってちょっとワクワクしますね。 「ワンピ」:しらほし、ほんと健気。...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.