edit

2011年F1世界選手権第10戦 ドイツGP

三つ巴の闘いをハミルトンが制した。

いやぁ、今回のレースは最後まで面白かったねぇ。
上位陣の三つ巴の闘いが本当に熱かった。
ハミルトン、アロンソ、ウェバー。
ピットで順位が入れ替わったり、
バトルなんかもあって、本当に楽しかった。

今シーズン初めてフロントローを逃したベッテルは4位フィニッシュ。
母国グランプリはやっぱり難しいですねぇ。
単独スピンしたりとどうにもうまくいきませんでしたね。
マシンの差もなくなってきましたし、
バトルの中でベッテルは闘って勝てるのでしょうかね。

個人的にはこのまま突っ走られるのはちょっと面白く無いので、
アロンソやハミルトンに面白くしてもらいたいものです。

17番手スタートだった可夢偉は9番手フィニッシュで2戦ぶりにポイントを獲得。
シューマッハと絡みそうになるとヒヤヒヤするw

次戦ではベッテルは返り咲けるのか。
可夢偉は2戦連続ポイント獲得となるのか。
楽しみですねぇ。

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.