edit

電波女と青春男 #05

『サンクスギビングの憂鬱』
今回は女々さんの回だなw
てかまぁ、いっつも女々さんの回みたいなもんですが^^;

女々さんはめでたくない40歳の誕生日を迎えた。
そのプレゼントをエリオは買いに行ったわけですが、、、
はしょり過ぎだろうがw

ちなみに40歳のツインテールは、
女々さんだから問題ないと思いますよ。

で、エリオの誕生日を祝い忘れていたことを思い出し、
誕生日的なものをすることとなった。

そのプレゼントを買いたかった真ですが、
それをリュウシさんに付き合ってもらおうと思った。
アホだよねぇw
そんなことを頼まれたリュウシさんは嫉妬。
そして、その嫉妬に気づかない真。
さらにアホだよなぁ^^;

結局、前川さんに協力してもらい、前川さんのアルバイト先で購入。
そこで偶然見つけたのはペットボトルロケットだった。
この部分もこのアニメの感じだと変にはしょりそうで怖いんだが、大丈夫かな^^;

そして、エリオからの相談。
働きたい。

というわけで、社会復帰へ。
アルバイトの面接。
しかし、面接の最中で断られた。
エリオは街での有名人。
そういう人を雇うことは他のところでも出来ないだろうと。

で、そんなこんなで帰宅。
お菓子食べるから手を洗ってきなさいという真に素直に従うエリオ。
完全にお父さんですw

そして、バイトの面接の報告。
女々さん自体もなんだかお疲れなご様子。
だったはずですが、
真の膝にダイブw
そして、レロレロw

膝枕はなんだかんだで真は喜んでたよねぇ。
レロレロもそうなんじゃね?
照れるなよ、ねぇ。

そんな女々さんがエリオのバイト先を見つけてきた。

田村さん登場。
そして、エリオは社会復帰へ。

とりあえず、色々省略しすぎな展開をどうにかしてくれんかね?
何でこんなに早足でやんなきゃいけないんだろう?
ゆっくりがこの話には合ってると思うんだけどねぇ。

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.