edit

C #07

『composition(組成)』
前半は壮一郎の過去。
大学を卒業して父親の秘書として働き出した。
しかし、それまではバンドマンとして活動していた。
デビューの話もあったが、直前でその話はなくなった。
それでバンドへの情熱はなくなり父親の秘書となった。
徹底的に会社のことを教えられた。
正しくは見て学べということでしたが、
まずはお金とは何かを教えられた。

札束が1つ。
その中の1つはお金。
しかし、それがいくつも集まれば力となる。

そうして、父親のすることから会社とお金の使い方を学んでいった壮一郎。
しかし、会社のネットワークに異物が入り込んできた。
それが一気に会社の状況を悪くする。
これも金融街が関係してんでしょうね。

その結果、渡米して治療をうけるはずだった妹は出来なくなった。
妹がいてもいなくても会社に何の利益ももたらさない。
だから、渡米費用は出せない。
それが父親の出した結論だった。

そして、お金を自分でなんとかしようとした壮一郎だったが、
それも許されなかった。
父親に軟禁された。

そんな壮一郎に声がかけられたのは数日後だった。
病院へ、とのことだった。
壮一郎にとって病院とは、イコール妹。

妹の容態が良くない。

駆けつけた壮一郎に妹は言う。
今日の次には明日がある、
明日の次にはその次の日が。
今年の次には来年が。
けど、私はそうじゃない。
今日眠ったら明日は来ないかもしれない。
今日がずっと続けばいい。
だから、そんな日々なら日本を離れたくはなかった。
結果的には自分の容態が悪化し渡米出来なくなったことは良かったと話す。

そして、妹はその後意識を失ったまま。
今現在も。

ということは、妹さんはまだ亡くなってないんだ。
植物状態というやつなのかな?
けど、何の病気だったんだろうか。

そして、壮一郎はより仕事へと力を入れた。
父親との関係は会社での関係でしかなくなった。

そんなある日、真坂木が壮一郎の前に現れた。
何故必要な時に現れてくれなかったのか。
意志はないという金融街。
しかし、そこに意志があると感じた。

そして、壮一郎だけが感じる何かがあるみたいですね。
あのノイズみたいなんはなんだったんだろう。

最初のディールで壮一郎は自分をボロボロにしながらQを守った。

後半は真朱の視点。

どうしようもないヤツだと思っていた。
だけど、公麿を見ていて楽しい。
そして、色々なことを公麿やその周りから学んでいく。

公麿は最初の対戦者・酒巻と久々に話をした。
ギーグが何故あんな姿をしているのか考えたことがありますか?と。
ディール以外だとこの人いい人だ、と思いましたね。
格好が格好だからそんな感じだとは思ってなかった。
ちゃんと答えてくれるし、他の人のようにバカにしてないみたいですしね。
それに自分が負けた相手なのにあまりに普通でビックリした。

羽奈日の真似をしてラーメンを少し公麿に渡すのが良かった。
羽奈日が何でそういうことをするのかはわかってやっていたのかは、
話してる内容がわからんかったから、どうかわからないけど。
その姿を楽しそうだと感じたんでしょうね。
で、真似てみたと。
ラーメン好きなのにね^^;
羽奈日はキライなものを公麿にあげてただけだと思うけど。
そういうやり取りが楽しそうだと。

ただまぁ、公麿はそういうことに気付かなかったわけですが。
周りの言葉が気になって。

真朱と公麿のやり取りをバカにするアントレたち。
酒巻の言葉もありその時は何もなかった。

けど、真朱と話をしているうちにやっぱり許せなくなった。
そして、バカにした相手を殴りに行った。
殴りはしたけど返り討ちにあったっぽいですね^^;

それでも、スッキリしたみたい。
そして、そんな公麿の姿に真朱は壮一郎やサエキが興味を持つのだろうと思った。

そんな真朱が最後に興味を持ったのはキスだった。
何あれ?
という素朴な疑問。
キス。
好きな人と唇を合わせること。
じゃあ、してみようよ、と真朱。
それに慌てる公麿。
お前が考えてるより30倍の気持ちがないとしちゃいけないんだ。
とキスを拒否する。

完全に照れ隠しでしたけどねw
真朱の気持ちが膨らんだら、今度はもう一度真朱は聞くんだろうなぁ。
その時、公麿の気持ちはどうなってるか楽しみです。

来る前と違って見える街並み。
それは確実に金融街が影響を与えているということなんでしょうね。
そして、公麿が最後に見たものとは一体。
ハッキリ違うとわかる変化が何かあったのでしょう。

今回は壮一郎、真朱と公麿とは違った視点を2つだったので
新鮮な感じで楽しかったです。
真朱の思っていることがわかったのも良かったですしね。

次回、公麿が見たものが何なのか気になる。

トラックバック

TB*URL

[ C ]  第7話 「COMPOSITION (組成)」

今しかない。 今がずっと続けばいいのに――。 三國の過去、ギルドを作るに至った理由。 そしてアセットである真朱の心の変化…。 二つが同じ話で語られたことには意味があるのでしょうね。 ▼ [ C ]  第...

[ C ] #07『composition(組成)』

金は金。しかし、それを束ねることで力となる。 壮一郎は父親にそう教わった。

[ C ] #07『composition(組成)』 感想

今を戦えない者に次とか来年とか言う資格はない(`・ω・´)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad