edit

ヤングガンガン 09号 STAR DRIVER 輝きのタクト

今号のSTAR DRIVER 輝きのタクト

以下ネタバレあり
夜間飛行によるゲリラ公演。
演目は「ロミオとジュリエット」。
ジュリエットはワコ。
ロミオはタクトが演じることとなった。
ロミオ役にはジャガーとタイガーが抗議しましたが、
決定は変わらず。
スガタもワコの方が似合っていると。
サリナはその言葉についてワコに聞いたが、
ワコは何食わぬ顔。
どう感じたのか全くわからなかった。
そして、公演開始。
直前の宣伝だけであるにも関わらず、集まったのは全校生徒のほとんどだった。
夜間飛行の人気の高さを実感するタクトだった。
そんな公演でしたが、途中でタイガーとジャガーがダウン。
ワコが急遽代役を行った。
そんなワコの姿にタクトは、
天使のようなワコと
悪魔のようなワコを見た。
そんなワコとタクトはキスをした。
本当の魅力を知ったタクトはワコを自由にすることをスガタの前で誓う。

演目の途中ではワコが代役の他にピアノがほしい場面で
アドリブでピアノを弾いたりと、
演目中のワコは別人な感じでしたね。

さてはて、アニメの監督さんのインタビュー記事があったのですが、、、
監督さんたちからしたら、
一転の曇もなく終わったんだそうな。
さすがにそれは言い過ぎだと思うんだけど^^;
色々と残しすぎでしょ。
と思わずにはいられなかったです。
それでも楽しかったんですけどね。

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.