edit

月刊少年サンデー ゲッサン 2月号

今月号のゲッサン

以下ネタバレあり
waltz -ワルツ-
社長を連れて脱出した蝉と岩西。
岩西の要求は2億の出資。
それを受けない社長に対し、
岩西がしたのは反対車線の走行。
トラックとの激突が迫る中、社長は要求を聞き入れた。

そしてついでとばかりに切られた指の治療も頼んだ。
完全にちょんぎれた指って治るものなんか^^;

トラックとぶつかる気がなかったくせにと蝉。

蝉はどうやって脱出して岩西を助けたのか。
1本の爪楊枝で立場が逆転した。
すごいな、おい^^;

次はチクタクとの戦いが再び始まるのかな?

とある飛空士への追憶
今回で終わりかと思ってたのですが、
次号でフィナーレ。

センターカラーの使い方ってこういうのもあるんだなぁ。
って思いました。
最初の数ページじゃなくてラストの数ページをカラーに。
シャルルがばらまいた砂金の中にいるファナ。

正式に皇家となっていないファナの威厳。
船長だけは彼女を手助け。
本当にファナをシャルルから引き離したオッサンは鬱陶しいねぇ。

シャルルとサンタ・クルス、2人の舞。
締めは砂金のばらまき。
シャルルならしてしまうだろう、と。

う~ん。
後、何するんだ?
今回増ページにして終わらせることも出来た気がしないでもないんだけど^^;

よしとおさま!
今回は善透の妹・葵の話。
葵のもとにやってきたのはシロ子だった。
新しいお庭番として。
けど、サビ以外は認めようとしない葵。

そんな葵は努力家だったみたいですね。
人一倍頑張って、家のおかげだと人に思わせたくないために。
前向きになったのはサビのおかげだったみたいで。

けど、そんなサビとシロ子の姿がどことなく重なった。
男同士の善透、サビ。
女同士の葵、シロ子。
この2組はこれからどうなるのかな?

てか、オトン天然だったのかw
画面から顔キレてるのわざとだと思ってたよw

水滸伝異聞 月の蛇
翠華の婚約者?が登場。
梁山泊のことなぞ忘れて一緒になろうと言う相手だが、
翠華はそれを聞き入れない。

青磁は梁山泊に関わらないようにするために付き人として送られてたみたいですね。
けど、翠華のためにそれはしなかった。

翠華の前とじゃ随分態度が違いますね。
一緒にならないほうがええんじゃないかと。

そして、飛虎には旅の終わりを告げられる。
翠華と合わせろと言っても合わせてもらえない。
飛虎はそのまま引き下がるわけがないでしょうから、
暴れるのかな?

ここが噂のエル・パラシオ
チャンピオンベルトは何かすごいベルトだったみたいで。
それをかけて各団体のトップ同士が戦う試合を行うそうな。
だから、渡して欲しいと。

桜花はいいだろうと口では言ったものの、
本心はよしとしない。
それに気付いた忠輔が渡そうとしなかった。

ていうか、喫茶店に隠してたのな^^;
普通に預かっても面白くないからと隠し扉の後ろにw

忠輔も一緒にもらおうとした相手に桜花が手を出す。
それを写真に撮られてしまい、
捏造されてしまう。

さて、桜花たちエル・パラシオの面々はどうするのか?
せっかく忠輔のために買ってきた服はどうなったんだろ?
ちゃんと渡せたのかなぁ?^^;

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.