edit

ONE PIECE FILM STRONG WORLD

原作者・尾田栄一郎さん総指揮による劇場版「ONE PIECE」。

ナミがシキに連れ去られて連れ戻すために戦うのだと思っていたのですが、
イーストブルーのためでもあったのですねぇ。

ナミの回想でノジコがちょくちょく出てきたのがよかった。

ちょっと期待しすぎてたのかなぁ?
楽しかったのは楽しかったのですが、物足りなくも感じました。

時間の関係もあるんでしょうけど、
ロジャーや白ひげととも伝説の大海賊とされるシキが
非常に弱く感じました。
今までルフィが戦ってきた様々な敵の方が強く感じましたね。
年齢のせいなのか。
動物を使うことで自分が前線に立たなくなったせいなのか。
白ひげの強さが健在ぽいので年齢のせいとは思えないけど。
どうなんでしょうね?

フワフワの実の能力の使い方のせいでもあるんですかね?
ていうか、足の剣を使ってる方が多かった気がしないでもない。

側近もあっけなかったなぁ。
ゾロやサンジの出番がちょっち少ないと感じた。
ただまぁ、その少ない出番でもしっかりかましてくれるので満足といえば満足ですけどね。
ゾロは相変わらず最後が締まらないねw
すぐ迷子なるw

ビリー可愛かったなぁ。

最後はみんな幸せそうに暮らしててよかったですねぇ。
動物たちの凶暴性が失われたのは何でなんだろう?

エンドロールは懐かしい面々が登場。

まぁ、久々のアニメ「ONE PIECE」は楽しめました。

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.