edit

月刊少年サンデー ゲッサン 1月号

今月号のゲッサン

以下ネタバレあり
waltz -ワルツ-
人を助けずにはいられない大藪が自分の目の前で死んだ。
なら、自分は大藪の役をこなそう。
大藪の上着を来て大藪が亡くなった場所へ。
帽子卿が見下ろす前に戻った苺原は、帽子卿を睨みつける。

苺原はこれからどうなるんだろうなぁ。

さて、岩西たちの前にはフロラインが登場。
岩西の指がちょんぎられた。。。

そこに一緒に捕らえられたはずの蝉が登場。
どうやって抜けて倒してきたんだろうか?
血まみれのチェーンソーを抱え岩西を助けに来た。

とある飛空士への追憶
ファナとの別れ。

2人だけの生活に慣れてしまって、身分の違いを忘れていた。
自分がベスタドなんだと思い知らされた。

何度もシャルルを呼ぶファナ。
しかし、シャルルはそれに応えることが出来なかった。

悲しくなんてさせたくなかった。
だけど、自分には何も出来なかった。

けど、まだ間に合う。
飛び立ったシャルルは引き返す。
ファナのもとへ。

次号でいよいよラストですね。
今回で終わるかと思いましたが、
最後は時間をかけるようですね。

よしとおさま!
長から話をきかされたことでわかったのは、
サビの元気がないということを気にしていただけだということだった。

サビは感情で動くような子ではないと長がサビのことをかばいましたが、
その辺は気にしていない善透。

そして、長のハイスピード観光が始まる。
サビのためを励ますために。

サビのことで善透が助けたのは二度目。
何で子供の時は記憶を消さなきゃいけなかったんだろうなぁ?
その辺も話して帰ってほしかった。

水滸伝異聞 月の蛇
飛虎が勝った。

相手は自分が確実に勝てるときにしか戦ってこなかった。
鬼気迫る戦いを常に行なってきた飛虎とは全然違う。
だから、飛虎はやられてもやられても負ける気がしなかった。

刀を身体で受け止め、矛を突き出す。
そんな戦い方に相手はどんどん追い詰められていく。
そして、首を少し切られたことに気を取られ、
胸に矛が刺さる。

助けられた翠華にもたれかかるように気を失った。

ここが噂のエル・パラシオ
忠輔1人のお留守番。
女性陣は忠輔の服を買いに。
サプライズプレゼントあげたかったみたいですね。

そんなお留守番中の忠輔のもとに1人の女性が。
以前、リングに殴りこんだところの団体のエースさんがエル・パラシオに。
彼女は元々はエル・パラシオの仲間だった。
それが今何故別のところに?
何かを探しているが見つからない。

そして、帰ってきた桜花たちに言う。
エル・パラシオのチャンピオンベルトを渡してほしい。

チャンピオンベルトなんかあったのか。
さて、この2人は一体どうなるのかね?

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.