edit

逃亡弁護士 #08

『対決…敵は内部に』
やっぱり五十嵐がフクナガだったみたいですねぇ。
バレたとたん態度が変わりすぎだろw
てか、弁護士じゃなかったのな。
てっきり弁護士だと思ってた^^;
事務長だったんですねぇ。

そして、絵美とともにフクナガの事務所へ。
そこにいたのはフクナガの愛人という女性。
彼女は借金を抱えていた。
フクナガはそれをゼロにしてくれると言い、
味方は自分だけだと闇金と戦うのは難しいと。
騙されている。
というのは、わかっていてもフクナガに協力することをやめなかった。

成田を五十嵐の情報を盾に自分の家に泊めた。
そこで、闇金と戦う方法を話した。
1枚の紙でよかった。

でまぁ、成田が借金のことをすることになったわけですが。

彼女はどうにも1人では何もしようとはしなかった。
それにはわけがあった。
借金は彼女が作ったものではなかった。
婚約者の彼と一緒にカフェをするために借りたお金だった。
お金がなくても彼と一緒ならそれでよかった。
けど、彼は交通事故で亡くなった。

てっきり逃げられたのかと思った^^;

でまぁ、成田にあなたは借金よりもまず自分が1人で何も出来ないと思い込んでいるのを
どうにかしないといけないと話す。
そんなことはないのに。
督促状を全て残しているのが借金を返そうとしている証拠だから。

それで、成田は五十嵐の居場所を教えてもらい、
彼女は裁判所へ。

絵美に連絡をしたが一緒には連れていかなかった。
危険に巻き込みたくなかったから。

五十嵐が待ち受けるホテルへ。
しかし、そこにいた五十嵐は何者かに刺されていた。
そして、ナイフを握る小早川が部屋の隅にいた。

五十嵐が真船と連光寺に電話したのは何でなんだろ?
真船が怪しいって感じはなくなってきたなぁ。
そのかわりに連光寺の怪しさがどんどん増すね。

優希ちゃんは五十嵐の写真見てもすぐには取り乱さなかったよね?
フクナガって本当は違うのか?
かといって、連光寺の写真でも取り乱さなかったし。
取り乱したのは何が原因だったんだろ?

次回、五十嵐殺害の真犯人は?
って書いちゃダメじゃね?w

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャスト

☆成田誠:上地雄輔
☆二ノ宮絵美:石原さとみ

☆三枝亮子:矢田亜希子 ☆小早川美由紀:村川絵梨 ☆浅沼仁:姜暢雄
☆五十嵐衛:佐藤二朗 ☆伊崎純也:前川泰之 ☆榎木洋一:小林すすむ
☆二ノ宮まどか:折山みゆ ☆南優希:高月彩良 ☆榎木律子:榊原郁恵
☆連光寺巧:豊原功補

☆二ノ宮徹:船越英一郎(特別出演)
☆真船丈:北村一輝

公式HP

#01 | #02 | #03 | #04 | #05 | #06 | #07

トラックバック

TB*URL

逃亡弁護士 第8話「対決…敵は内部に」

第8話「対決…敵は内部に」

フジテレビ「逃亡弁護士」第8話:対決

成田を演じる上地雄輔さんは、回を追うごとに、いい顔になってきました。最初は違和感が強かったキャスティングですが、今では上地さんでよかったと感じるようになりました。

逃亡弁護士 第八話「対決…敵は内部に」

成田(上地雄輔)は、フクナガの正体を知り絶句。連光寺(豊原功補)からフクナガの正体を聞かされた絵美(石原さとみ)と、フクナガの事務所へ向かう。  そこにはフクナガの愛人・小沢咲子(白石美帆)がいた。咲子は終始横柄で、フクナガの潜伏先を教えて欲しければ、まずは自?...

逃亡弁護士 第8話

フクナガの正体を知った成田(上地雄輔)は、絵美(石原さとみ)と一緒にフクナガの 事務所へ向かう。 そこには、フクナガの愛人・咲子(白石美帆)がいた。 咲子はフクナガの潜伏先を教えてほしければ、まずは自分を家まで送れと言う。 咲子の家に着いた成田は、彼女...

逃亡弁護士 第8話 対決

『対決』“対決…敵は内部に内容“フクナガ”を知る丸川文江(室井滋)から、正体を知る成田(上地雄輔)。。。。。事務長の五十嵐衛(佐藤二朗)だという。同じ頃、絵美(石原さと...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.