edit

世紀末オカルト学院 #07

『マヤの亜美~ゴ』
亜美のお父さんが登場。
久々に会ったマヤにオカルト話を。
けど、反応が悪いマヤに疑問に思った亜美のお父さん。

そして、お父さんはマヤを自宅に呼んだ。
お泊り的な感じにするつもりだったのかな?

マヤの小学生の頃の文集。
本当にオカルトが好きだったんですね。
しかしまぁ、あれは恥ずかしいなw

そんなところに、ミステリーサークルのニュースが飛び込んできた。
マヤは急用が出来たと飛び出す。

が、亜美のお父さんが車に乗って追いかけてくる。
もちろん亜美たちも一緒に。
そして、みんなでミステリーサークルへ。

夜中から明朝にかけて作られたミステリーサークル。
それを作った者が鍵となるかもしれない。
文明と再び訪れることにした。

が、それも亜美のお父さんたちがしっかりと聞いていた。
ということで、それもまたみんなで。

その時間までは再び亜美の家へ。
みんなでバーベキューしたり、スイカ食べたり、花火したり。

そして、時間。
そこにUFOが現れた。

UFOを追いかけるマヤたち。
そして、亜美が楽しそうにしている姿を見て昔を思い出す。
亜美と亜美のお父さんと遊んだことを。

そして、牧場。
血の抜かれた牛。
キャトルミューティレーション。
UFOから降り立った宇宙人。

文明に写真を撮るように言ったら、
文明は念じず撮ってしまった。
そしたら、、、
JKがいっぱいw

宇宙人の正体はJKだった。

全ては亜美のお父さんがJKとスマイルに頼んでしたことだった。

まぁ、わかりやすかったから展開読めましたけどね^^;

マヤの楽しそうな顔を見たかった。
お父さんが亡くなった。
学長の仕事が忙しい。
オカルト嫌いになっている。
けど、人間はそうそう変わるもんじゃない。

だから、楽しんでもらいたくてしたことだった。

ただ、今のマヤがしていることは世界の滅亡を防ぐこと。
オカルトを追うのにも理由があった。

で、自分たちは真剣なんです。
子供じみたいたずらなんかしないでください。

亜美のビンタ。
そりゃそうなるよね。

ただ、その後亜美は言い過ぎた。
今度は亜美のお父さんが亜美をぶった。

UFOを追いかけてる時は昔を思い出して純粋に楽しかったんだと思うけどね。
素直になれないところがあるんでしょうね。

次回、サブタイトルが壊れてる。
ほんとそうだと思うよw
ていうか、予告してねぇし^^;
2人は仲直り出来るのかな?

トラックバック

TB*URL

世紀末オカルト学院7話

小学生時代の作文は大体黒歴史。というわけで、「世紀末オカルト学院」7話プリン大好きJKの巻。とっても仲良し黒木親子。オカルトで家庭崩壊したマヤさんとの対比が切ない。ミステリ....

世紀末オカルト学院 第7話 「マヤの亜美~ゴ」 感想

1999年世紀末。この年に発売された鈴木亜美(愛称あみ~ゴ)の写真集 『amigo』 は販売数20万部を超える異例の売り上げを記録しました。 そして "Amigo" とはスペイン語で 『友達』 という意味だそうです。

世紀末オカルト学院 第7話 「マヤの亜美~ゴ」

買い物帰りに、引っ越してからは会っていなかった亜美の父親に遭遇したマヤ。 マヤの事を子供の頃から実の娘のように可愛がっていたらし...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.