edit

多摩湖さんと黄鶏くん/入間人間(著) 読了

多摩湖さんと黄鶏くん/入間人間(著)いやぁ、笑った。
楽しかったです。
バカップルと通り越した
変態カップルの2人が送るカードゲーム。
深く考えずにただただ楽しめる小説ですね。

特に特徴のない彼と、
見るからにお姉さんキャラで年上。
だけど、学年は下の彼女。
というカップルの話。

そんな2人が、ただイチャイチャしてるだけなんで、
楽しめるかは人によるとは思いますが^^;
僕はこういうのキライじゃないので、
楽しかったです。

以下ネタバレ含みつつ感想続けます。
「電波女と青春男」にてチラッと登場したカップルの話。
2人の話の中で、
海に飛び込んで自殺しようとした転校生や、
ノッポのコスプレさんが
登場します。
真と前川さんですね。

で、話の感じだと「電波女と青春男」の方の文化祭でこの2人が再登場しそうですね。
楽しみです。
一体何をしたのやら^^;

でまぁ、2人はカードゲーム研究会ってのをしてまして。
多摩湖さんの自作カードゲームで2人の愛を深めていく。
って話です。
多摩湖さんはそうしたいけど、黄鶏(かしわ)くんは
どんどん変態に磨きがかかっていきますw

でもまぁ、多摩湖さんは意外とまんざらでもない感じで。
結局は楽しんでますね。

脱衣ポーカーやらキスババ抜き、歳並べにたまこいこい。
っていう4つが登場。
毎度、多摩湖さんが徹夜で考えてくるのでどっかズレてることが多い。
特にキスババ抜きとたまこいこいはかなりズレてる^^;
で、それを見事に利用して楽しんでるのが黄鶏くん。

脱衣ポーカーのときはそこまで変態さが見えなかったんですけどね。
キスババ抜きから確実におかしくなってましたね。
目を舐めた辺りから、どこいくのやら状態^^;
歳並べでは2人して目がギンギンしてた感じだしね。
たまこいこいは一体何がしたいのやらw

まぁ、ハッキリ言って本当に内容はない感じ。
本当にイチャイチャしてるだけだもん^^;
けど、それが楽しめたら本当に楽しいです。
会話文ばっかの部分も面白くて好きでした。

「電波女と青春男」の6巻が文化祭だと思うので、
この2人が一体何をしたのかも含めて楽しみです。

読んでよかった。

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.