edit

西遊記 第8回『時の国』 感想

『タイムスリップ!!過去への旅』
悟空の肝っ玉が取られちゃったというわけですが、あの悟空は反対!w
何か気持ち悪い^-^;

で、肝っ玉を盗んだ妖怪は時を操れるということで、老子様を騙して時を操れる壺?を凛凛のおかげでゲットして、優しい悟空賛成派の悟浄と八戒が時をさかのぼることに。

ここで思ったのが前回のラストシーンのナゾの5人目の声の主。
もしや、過去に戻った八戒の声では?
何て思ったんですけど、違いました。
それはそれで面白いと思ったんだけどなぁ。

悟空が死ぬシーンでは肝っ玉が抜かれていたため死ねなかったっぽかったけど、あれ悟空が死んでなかったら凛凛いませんよね?w
すぐに影響は出ないんでしょうかね?

懐かしいゲスト出演者の再登場でけっこうよかった^-^

しかし、三蔵様の『うぅ』はやっぱり何か面白い(笑)

悟空二人は反則だと思うなぁ^-^;
僕は悟浄がタイムスリップしたのは、少し前に戻って紅孩児の後ろに回り込んで捕まえるのかと思ったんですけど、予想以上の悟浄の行動にかなりビックリしました。

悟浄は今回行動が大胆すぎる気がしましたね。
3人になってもいいとか^-^;
ダメでしょ(笑)

さて、最後は三蔵様が恐ろしく強くなってしまいましたけど、次回には戻ってますよね??
『うぅ』が聞けなくなるの嫌だぁ。

しかし、気になったのが紅孩児の凛凛に対して、何か大事なことを言いそうになっては言えなかったこと。
凛凛は一体何を隠してるんでしょうね?
前にもまして正体が気になる。

今回は短めに終了。
次回も楽しみ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キャスト

☆孫悟空…香取慎吾   ☆沙悟浄…内村光良
☆猪八戒…伊藤淳史   ☆三蔵法師…深津絵里

☆凛凛…水川あさみ   ☆老子…大倉孝ニ

<各回ゲスト>
☆紅孩児…石井正則

公式HP

第1回感想 | 第2回感想 | 第3回感想 | 第4回感想 | 第5回感想
第6回感想 | 第7回感想

トラックバック

TB*URL

西遊記 第八巻 時の国

暴れん坊の悟空(香取慎吾)はいたずらをして木に縛られてしまう。一行はある村の食堂に行くと村人が石のように固まっている。喜んで食べ物を食べようとする沙悟浄(内村光良)と猪八戒(伊藤淳史)、三蔵(深津絵里)も固まってしまう。紅孩児(石井正則)という妖怪に時....

第八巻 『時の国 タイムスリップ!!過去への旅』

8話は今までの映像をたくさん使ってましたね。珍しく悟空は出番が少なめ。撮影を間に合わせるための時間稼ぎで今までの映像を使ったのかと思ったけど、ちゃんと初回から8話と平行して撮っていたのですね。私はまぁまぁ楽しめましたよ。総集編って感じでしたけど。いつもの

西遊記 時を操るって無敵じゃ…(・・?

崖で帽子をとる八戒達…ソレを邪魔をする悟空…如意棒振り回して(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャそして怒った皆に木に縛られた…( ̄▽ ̄;)悟空をほっといてたどりついた街は時が止まった街三蔵たちの時も止まってしまう…三蔵が妖怪にさらわれる途中悟空と凛凛が登場…時を止

ドラマ・西遊記 ~第8回~

 悟空の仲間に対するいたずらがひどくて道端の気にくくりつけられて置き去りにされたのが事件の始まりでしたね。そんな中で三蔵法師と悟浄・八戒は時間を止める妖怪に一端つかまってしまいました。悟空のおかげで時間を取り戻した一行でしたが、悟空に対する苛立ちが先に..

西遊記 第8話『時の国』:お師匠さんの「ううう」

今回も、感想短いです。

西遊記 第7章

『時の国』 暴れん坊でいたずら大好きの孫悟空(香取慎吾)が、優しくてひ弱な男に大変身!? 天竺への旅の途中、悟空一行は紅孩児(石井正則)という時間を行き来出来る妖怪と遭遇。過去に戻った紅孩児の手により、悟空は肝っ玉を抜かれ、すっかり良いサルに。今までの悟

「西遊記」 第八巻

なんか今回は総集編、という感じでしたね。そんなに回数が無いワンクールのドラマなのに、総集編なんかやっていいのか?という疑問湧きまくりでしたが。一話丸まる録る時間が無かったのか・・・まぁ、製作サイドの思惑はわたし如きにはわかりませぬが。今回は強い...

西遊記 第八話 「時の国」

天竺への旅の途中、孫悟空(香取慎吾)一行は、断崖絶壁の山道にさしかかる。 恐る恐る進む沙悟浄(内村光良)、猪八戒(伊藤淳史)、三蔵法師(深津絵里)に悟空のいたずらが炸裂した。 みんなの恐怖心をあおろうと、崖から突き落とす真似をしたり、如意棒を振り回す悟空。

『西遊記』第八話(その一) -『西遊物語』たち-

 牛魔王が妻子を持つのは、明の時代の小説からである。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ それではまずは『紅孩児』の存在から、『西遊記』を含む『西遊物語』の変遷を考察します。 この回はある意味では最..

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ぐ~たらにっき all rights reserved.

FC2Ad